(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年11月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大東市御領 菅原神社


大東市御領に鎮座する菅原神社(すがはらじんじゃ)です。

偶然なのですが、門真市下馬伏の菅原神社(すがはらじんじゃ)から、大東市三箇の菅原神社(すがはらじんじゃ)「三箇菅原神社」を経て、大東市深野北の菅原神社(すがはらじんじゃ)と4つの神社が連続で菅原神社(すがはらじんじゃ)とは頭の中が大混乱です。

かなりの神社を訪問しましたが、こんなことは初めてです。

環濠の中にある神社です。橋を渡ったところに建っている鳥居のバランスが少し悪いような気がしますが、埋まっているようです。

それとも地盤沈下でもあったのでしょうか。

神社の境内を環濠が取り巻いています。なんとも懐かしいような環境です。河内はもともとこの様な環境であったのでしょう。

この神社も由緒書きがありませんが、近くにある「水郷の里 御領」の説明には室町時代初頭の住居群址が確認されているようですので、この神社もその頃に創建されたものであると考えられると思います。

そもそも神社が存在するのは、村の鎮守としての役割が大きいものであると思います。

それにしても、菅原道真を祀っているのは解せませんがいかがなものでしょうか。

境内は結構広く境内に余裕のある神社です。環濠で囲まれていそうな神社は、東大阪市中新開に鎮座する諏訪神社(すわじんじゃ)が境内の周りを今は溝のようになっていますが元はこのような環濠であったと思われます。

また、東大阪市古箕輪に鎮座する古箕輪八幡宮(こみのわはちまんぐう)や東大阪市南鴻池町に鎮座する産土神社(うぶすなじんじゃ)も鴻池新田の六郷井路(ろくごういじ)(六郷川)や五箇井路(ごかいじ)に接しています。

境内の隅に珍しいものが置いてあります。

消防用のポンプですが、明治や大正ではなく昭和のものでしょうが、ほとんど見かけた記憶がありません。

漫画などにはよく出てきていたので知っていますが、現物を見たのは初めてであると思います。

それにしても雰囲気の良い神社です。

ちなみに「御領」という地名は漢字から、幕府や天皇と関係あるのかと思ったのですが、「水郷の里 御領」の説明文では、『御領の文献登場は天正十二年(1584)「河内国御蔵入帳」に「五里やう村」と記されるのか最所です』と説明されていますので、幕府や天王とは関係なさそうです

もう少し足の便が良ければこの辺に住むのも良いかなと思います。


関連情報レポートリンク

【大東市 神社一覧】