(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年11月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市平野区喜連東 八坂神社


大阪市平野区喜連東に鎮座する八坂神社(やさかじんじゃ)です。

いやはや、迷いながらたどり着きました。竹渕神社(たけふちじんじゃ)から1km程の距離なので遠くはないのですが、始めて訪れる場所なので土地勘がありません。

車で走る土地勘と、徒歩や自転車の移動による土地勘はまったく異なります。


『当神社は元々喜連地という地名の処に鎮座されていたが元亀時代(1570)頃現在の所に鎮座された。村社の東西神社(とうざいじんじゃ)は元八幡神社(はちまんじんじゃ)と称し、祭神に素盞嗚尊(すさのをのみこと)を祀り、一つに牛頭天王(ごずてんのう)と呼ばれていたが嘉永年間を祀られ、いつしか媛大神として祀られた元山皇の西にあったが往古よりの山皇権現鎮座を元禄の時代に八坂神社(やさかじんじゃ)の境内に移してあったのを合祀したものである。

東西神社(とうざいじんじゃ)と改称したのは合祀によるもので氏子が東西喜連村にまたがっていたので東西の二字をもったものである。

明治四十年九月村社楯原神社(たてはらじんじゃ)、村社東西神社(とうざいじんじゃ)(旧喜連村にあり、素盞嗚尊(すさのをのみこと)、忍坂大中姫命合祀)及び無格社春日社(旧喜連村の南端に鎮座)を天神社に合祀してあったところ由緒ある楯原神社(たてはらじんじゃ)の社名が没するを非とし同四十三年十二月天神東西春日の三社が現在の楯原神社(たてはらじんじゃ)に合祀された。

昭和二十六年東喜連氏子一同の要望により東西社、春日社の両社をを同年七月十五日元の東喜連に分離移転した。また同時に地域の氏子も分かれた。』


やはり、営々と地域住民の歴史を刻んでいていますね。この様な内容を石碑に残していただくとありがたいですね。

ところで、鳥居の額には「八坂神社(やさかじんじゃ)」とあったのですが、碑文には「八坂神社(やさかじんじゃ)」は出てきませんね。

大阪府神社庁には、平野区喜連東に「八坂神社(やさかじんじゃ)」の名がありますので、「八坂神社(やさかじんじゃ)」で間違いないのでしょう。

喜連の氏子も分かれたようですので、東西神社(とうざいじんじゃ)の名称は既に使用されていないと考えても間違いないのでしょう。

いずれにしても、きちんと歴史を紐解ける資料としてこのような碑文は重要である場合が多いと思います。

漢文で彫られている碑文を読み解ければもっと面白いのでしょうが、高校の教師がまったく興味を持つような授業でなかったので、勉強が足りないことを残念に思います。


関連情報レポートリンク

【大阪市平野区 神社一覧】