(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年11月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市平野区長吉長原 志紀長吉神社


大阪市平野区長吉長原に鎮座する志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)です。

この神社も立派な白塗りの大きな一の鳥居があり、そこから長く真っ直ぐな直線の参道を持っている立派な神社です。

志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)

社宝 六文銭軍旗(真田幸村奉納)

中河内郡史によれば、「伊達政宗との大阪夏の陣の時、大阪城より退却命令が下され天王寺・茶臼山に退くことになったが、この途中幸村、戦勝を日陰明神(当神社)に祈願せし時、神社の馬場にて休息せりと云う。この時麻地六文銭紋章の旗及び刀剣を当社に寄進せり」と記されています。刀剣は終戦後に没収されましたが、軍旗は当神社で保存しています。神社参道の大鳥居側には「真田幸村休息所」の碑が建てられています。

長吉村の由来

往時の長吉郷さらには式内社(しきないしゃ)である志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)の名をとって明治二十二年村名とし、村はもと堺県平民河内国丹北郡に属したが、明治二十九年四月中河内郡となり昭和三十年四月東住吉区に編入、さらに昭和四十九年七月分区し、大阪市平野区となった。』

この平野区長吉長原も河内であったのですね。そうなると平野区には河内が入り込んでいるということになります。

またまた境界を探すのに厄介な情報が入って来ました。

それにしても、かなり立派な参道は馬場であったということですね。ここが津原神社(つはらじんじゃ)に書いてあった三大馬場の一つなのでしょうか。


『真田幸村 ゆかりの宮

志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)

志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)と真田幸村公

戦国の世に生きた幸村公は、後に天下統一を果たす徳川家康に「日本一の兵」と言わしめた、知略と勇気に溢れた武将です。真田家が旗印にした「六文銭」とは、三途の川の渡し賃であり、自らの退路を断ち、決死の覚悟での戦いに活路を見出すという「不惜身命」の心意気を表しています。

そんな幸村公が戦での勝利を祈願しご利益を得たのが志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)です。その際に奉納された幸村公の軍旗を今も大切に保存しております。尚刀剣は、終戦後没収されました。赤地に六文銭を染め抜いた軍旗<は幸村公だけのものであります。又、幸村休息所の碑は昭和十年に建立され表には「真田幸村休息所」、裏には「御神徳を讃え奉りて幸村家が思う心の内の霧晴れて神の利益(りやく)に任せこそすれ」と書かれています。』


前の説明を読んでいたのですが、大阪城から茶臼山へ撤退した時にこの神社に寄るとは位置関係から考えると可笑しいのですがどういうことでしょうか。

大阪城の南の天王寺付近から更にかなりの距離をこないとこの志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)にたどり着かないと思うのですが休息所まであるということはここまで来たのですよね。


関連情報レポートリンク

【大阪市平野区 神社一覧】