(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年10月30日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市鶴見区浜 三森大明神


大阪市鶴見区浜に鎮座する三森大明神(みつもりだいみょうじん)です。

境内地に入る階段の門扉には鍵がかかっていましたので中に入ることは出来ませんでした。

古宮神社(ふるみやじんじゃ)とは目と鼻の先ですが、住宅地に入り込んだ所ですので発見するのは難しいでしょう。

鳥居の額には、「正一位 三森大明神(みつもりだいみょうじん)」と彫られています。

街角によくある稲荷さんでしょうが、なぜ鍵をかけているのでしょうか。

私は当初は古宮神社(ふるみやじんじゃ)がここに鎮座して居たのかと思いましたが、この場所であれば都市計画の範囲外ですので違うだろうなと思います。

古宮神社(ふるみやじんじゃ)の末社や東大阪市横小路町に鎮座する大賀世神社(おおがせじんじゃ)の東大阪市横小路町に鎮座する方守神社(ほうまもりじんじゃ)のように境外社かなとも考えて見ましたが、古宮神社(ふるみやじんじゃ)にはそのような説明もありませんでしたので、町角にある稲荷さんと考えるのが正解のようです。

それにしても、日本の神社は面白いというか、地域性が出るという点では、信仰以外にも自治の中心地と言うか、地域住民の集会場所であった可能性も否定できないように思います。

この辺は、東大阪市との境界線ともそう離れていないにもかかわらず、神社の数が全く違います。

氏子の居住範囲がとてつもなく広大なのです。

何が違うのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【大阪市鶴見区 神社一覧】