(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年10月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大東市野崎 婦碑不動院(南天不動)


Googleマップには「婦碑不動院(ふひふどういん)」と記されています。また、建物には「易研迷悟堂(えきけんめいごどう)」と「古代史先心堂」という看板もかかっています。

この三つの言葉をGoogleや百度で検索しても何もヒットしません。

何の情報もないのですが、一体いつ頃から放置されているのでしょうか。そんなに日が経っていないような気もします。

何やら怪しげな建物には「瀧ふ動」の額があり、中には不動明王(ふどうみょうおう)と思しき像があります。台座の下には「南天不動(なんてんふどう)」と彫られた石板があります。

日が差し込まないのでよく見えないのですが立派な台座の上にのっている不動明王(ふどうみょうおう)には彩色が施してあるようです。

暗くて肉眼でもよく見えません。何となく中に入る込むのは憚られます。

よく解らないのが「慰霊の碑」には十字架が彫られており、頭頂部には十字架かがあります。クリスチャンなのでしょうか。

台座には何やら文字が彫り込まれた石板が埋め込まれています。

『手の中に我が天地ある春の風』

あと3枚あるのですが私には判別不能です。

それにしても、「何やら面妖な空間」であるという表現が間違いなさそうです。

不動さまの像にかけてある紫色の布は真新しいような気がしますし、死んだ空間ではなさそうです。

宗教的な行事が開催されているのは間違いなさそうですが、説明書きもありませんのでさっぱり意味不明です。

信仰と言うのは、周りから見るとなんとも近寄りがたい時が多いのですが、何をしているのか興味が沸きます。