(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年10月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市老原 杵築神社


八尾市老原に鎮座する杵築神社(きづきじんじゃ)です。

ほぼ北方向3kmの地点に八尾市佐堂町にも杵築神社(きづきじんじゃ)があります。また、西へ直ぐに白山神社(はくさんじんじゃ)もあり、私の整理が混乱してレポートが遅れました。

土地勘がない場所の同名の神社が有る場合は大混乱です。

『沿革』

神社創建の年代は不明である。

住吉、大和川は八尾の地を北流し、旧淀川に合流して大阪湾に注いでいた。当時は度々洪水が起りこの地の住民は塗炭の苦しみを受けていたので、小祠を建立し、神の御加護を願ったのが始と云われている。

宝永元年(1704)大和川の付替工事が完成し、以後洪水の被害も無く、平穏安泰の地となったので住民達は、神恩を感謝して社殿を建立し、ここに東老原村の氏神としての杵築神社(きづきじんじゃ)の誕生を見ることになる。時に安永五年(1776)。

明治四年(1871)太政官布告によって村社に列せられる。

次いで明治三十九年(1906)神社合祀令が発布され、道明寺中村郷社土師神社(はじじんじゃ)に合祀される。

大正十二年(1923)村民の寄進によって社殿の修理、境内の整備を行い、御神体を迎え旧に復して現在に至る。然し乍ら、幾星霜の歳月を経て社殿の損傷甚だしきため、此度氏子中の奉賛を経て、茲に本殿、拝殿並びに社務所を修造し奉る。

平成十三年三月吉日

杵築神社修復実行委員会』

それにしても、綺麗な神社だと思っていました。

声を上げる人がいて、世話人がきちんとするとこんなに綺麗な神社になるのですね。地域住民の築き上げる歴史ですから攻勢に残る偉業であると思います。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】