(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年10月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市楽音寺 大竹観音堂


八尾市楽音寺に大竹観音堂(おおたけかんのんどう)がありました。すぐ南には「心合寺山古墳(しおんじやまこふん)」があります。

観音堂(かんのんどう)をいろいろ探ってみたのですが適切な表現がありませんでした。私のようなものには難しくて仕方がありません。

但し、「観音」というのは仏教に属することは間違いないようです。

観音堂(かんのんどう)」とは、仏堂の呼称の一つで、『その性格、寺院内での位置、安置する仏像の名称などによって、「金堂(こんどう)」、「本堂(ほんどう)」、「釈迦堂(しゃかどう)」、「薬師堂(やくしどう)」、「阿弥陀堂(あみだどう)」、「観音堂(かんのんどう)」、「地蔵堂(じぞうどう)」などさまざまな名称で呼ばれる。(ウィキペディア:Wikipedia)』と説明されています。

「観音」は、『観音菩薩(かんのんぼさつ)(觀音菩薩)、梵名アヴァローキテーシュヴァラ[Avalokite?vara])は、仏教の菩薩の一尊であり、特に日本において古代より広く信仰を集めている尊格である。「観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)」または「観自在菩薩(かんじざいぼさつ)」ともいう。「救世菩薩(ぐせぼさつ)(くせぼさつ)」など多数の別名がある。(ウィキペディア:Wikipedia)』と説明されています。

興福寺(こうふくじ)南円堂(なんえんどう)興福寺(こうふくじ)の千手観音救世菩薩(ぐせぼさつ)(国宝)もこのひとつのようです。

扉が閉じていたので中を伺うことはできませんでしたが、小学生の低学年位の女の子とその弟と思われる子供がおばあちゃんに伴われてお詣りしていました。

なかなか関心であるとにこにこして見ていたら、おばあちゃんが雨になりそうだと言い出しました。私にこのところの日照りが畑には一番辛い、百姓にはこの時期の雨はうれしくてしかたがないと言われたのですが…。

とんでもない大雨で私は家にたどり着くはるか以前にずぶ濡れになってしまいました。

観天望気(かんてんぼうき)については、地元のお百姓さんにはかないませんね。