(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年10月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市客坊町 御池神社


東大阪市客坊町に鎮座する御池神社(おいけじんじゃ)です。

東大阪市郷土博物館に隣接する山畑(やまはた)古墳群の中かも知れませんし、北側にひっそりとありました。

不動明王(ふどうみょうおう)と行を行う滝がありますので、神社かどうか迷っていたのです。

すぐ南の東大阪市郷土博物館で入手した東大阪市の「文化財ガイドマップ」に「御池神社(おいけじんじゃ)」という表記があるのです。

この地にはそのような表記は全くありません。

赤い鳥居と祠が神殿か迷う建物はありますが、判断に困っていました。いずれにしろ、説明は全くありませんが、「御池神社(おいけじんじゃ)」という名称がありましたので神社として判断します。

やはりと感心するのですが、信仰は活きているようです。

ゴミらしきものは全くありません。

修行を行う滝も整備されていますし、看板もきちんとあります。誰かが訪れていることは間違いありません。

面妖な空間と表現しなくても済みます。

神社の信仰とはかなり風俗的なものと密接に関わっていると思うのですが、山中のこのような場所に脈々と活きている信仰はそれぞれの価値があると思います。

今後、どのようになっていくのでしょうか。

感心することしきりです。

不動明王(ふどうみょうおう)が神社にあるという事は珍しくもおかしくもないことを神社を廻って知りました。

神仏習合の名残などではなく、日本人の歴史的な価値に盛り込まれていることは間違いなさそうです。。


関連情報レポートリンク

【東大阪市 神社一覧】