(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年10月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大東市中垣内 須波摩神社


大東市中垣内に鎮座する須波摩神社(すはまじんじゃ)です。神社の由緒書きには、「須波麻神社(すはまじんじゃ)」となっています。

須波麻神社(すはまじんじゃ)

祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)、いい伝えでは当社の祭祀は出雲大社(いずもたいしゃ)と同体で、古くは十月七日に大祭をしていたという。現在の社殿は明治三十六年(1903)に建立されたもので、拝殿の後ろの本殿は春日造りの様式である。

平安時代の「延喜式」「神名帳」に記載されている式内社(しきないしゃ)で、本市では唯一のもの。旧讃良郡六座のうちの一座で、古くは讃良郡から若江郡に至るまで、数十ケ村の付属郷社になった。また明治四十年九月には神社の合併で大谷神社(おおたにじんじゃ)(寺川)、龍間神社(たつまじんじゃ)(龍間)、座摩神社(ざまじんじゃ)〔坐摩神社(産摩太神宮)〕(深野南)の三社が合祀されることもあった。現在は中垣内村の産土神である。

境内には合計十一基の燈籠があるが、拝殿の前のものは延喜二乙丑(1745)、九月に寄進されたものである。なお境内入口のおかげ燈籠は文政十三年(1830)十二月は道標を兼ねたもので近くの東高野街道筋から移されたものである。

大東市教育委員会

中垣内自治会』

鳥居の額は「須波摩神社(すはまじんじゃ)」になっています。

何回も書いているのですが、市が異なると神社の雰囲気がかなり違うような気がします。東大阪市の神社の多さと比較すると市の面積は東大阪市の半分位なのでしょうが、そもそも、大和川付け替えまでは新開池と深野池に当たるためもあるのでしょうか。要するに土地ではなかったためでしょうか、ほとんどの神社が山麓にあります。

楽しかったのは絵馬殿なのでしょうか。絵馬や写真が飾ってあります。

髷は結っていないのですが、全員が菅傘を持って移っている写真などが飾られています。これこそ私の大好きな庶民の歴史です。

それにしても、この「おかげ燈籠」は少しデザインが斬新です。

大谷神社(おおたにじんじゃ)の「おかげ燈籠」も斬新なデザインで道標を兼ねていました、どちらが先かは知りませんが、近隣ですので良いアイデアであると思ったのでしょう。


関連情報レポートリンク

【大東市 神社一覧】