(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年10月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市川田 盾津宇治縣神社


東大阪市川田に鎮座する盾津宇治縣神社(たてつうじかたじんじゃ)です。

栗原神社(くりはらじんじゃ)から宇波神社(うばじんじゃ)へ向かう途中の北宮小学校の北側の側道に面して鎮座しています。

名前からするといかにも由緒深そうな名前ですが、境内地はありません。鳥居と本殿があるだけです。

神社としては情報がありませんが、インターネットには名称は見当たりますが、祭神や由緒についても情報はまったくありません。

それにしても不思議なのですが、やはり信仰が活きているのは間違いないようです。

綺麗に手入れされています。

それにしても、東大阪市には神社が多いようですね。北接する大東市は大和川付け替えまでは池であったので少ないのはなんとなく理解出きるのですが、南接する八尾市と比較しても多すぎるような気がします。

大和川付け替え後に水不足で難儀した歴史を感じさせるような気がします。

栗原神社(くりはらじんじゃ)から宇波神社(うばじんじゃ)へ向かう道に「吉野神社(よしのじんじゃ)跡地」という石碑が建っています。

どこかに合祀されたのでしょうが、この石碑の北の突き当たりには宇波神社(うばじんじゃ)が鎮座していますので、宇波神社(うばじんじゃ)に合祀されたのでしょうか。

宇波神社(うばじんじゃ)にはそのような歴史は書かれていませんでした。

境内地も残っていないようですし、それらしき燈篭や石すらありません。この裏の家の庭にでも何かの凝っているのでしょうか。

歴史の消えていく前にこのような碑が残るだけでも救われるものがあるのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【東大阪市 神社一覧】