(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年09月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市教興寺 岩戸神社


八尾市教興寺に鎮座する岩戸神社(いわとじんじゃ)です。子供の頃から地形図上に岩戸神社(いわとじんじゃ)という表示があったのを記憶していますが、隣接して天照大神高座神社(あまてらすおおかみたかくらじんじゃ)が鎮座しているのは知りませんでした。

地形図上では、「岩戸神社(いわとじんじゃ)」という漢字表記と鳥居の神社地図記号があり同一のものであると思っていたのですが、別の神社であるは訪問して始めて知りました。

もとは一つの神社であったような記述もありますが、天照大神高座神社(あまてらすおおかみたかくらじんじゃ)の岩に接して建てられている祠は見事です。

最下部の入り口の鳥居は「岩戸神社(いわとじんじゃ)」と書いてありますし、横にある八尾市教育委員会の石板書にも「岩戸神社(いわとじんじゃ)」の説明書きがあります。

樹陰で涼しげな急坂が山の中腹を目指して続いています。鳥居からここまで上がってくるのに歩く人は少ないのでしょうが、夫婦でゆっくりと上がりましたがかなりの急坂です。


岩戸神社(いわとじんじゃ)

教興寺宇井弁天山の山腹の巨岩の中にある。俗に岩屋弁天として名高く神体は木彫の極彩色の弁財天であったが、明治の初め神仏分離後、教興寺の本堂に安置されていた。

古くは教興寺の鎮守であり傍らに式内社(しきないしゃ)で春日戸神と称した高座神社が巨岩の窟の中にあった。

いかなる旱天にも流れの変わらない白飯の滝がある。

八尾市教育委員会』


ところで、この岩戸神社(いわとじんじゃ)天照大神高座神社(あまてらすおおかみたかくらじんじゃ)参道の途中に「弘法大師の岩屋」と称して別れている道がありましたので訪問してみましたが、なんとも形容のし難いという表現が適切な道が続いていました。またの機会に紹介します。

「弘法大師の岩屋」は、古墳ではないかと思っているのですが違うのでしょうか。

とにかくこの両神社は境界もはっきりしません。ところがなんとも両神社ともきちんとしています。

人影もまばらどころか、平日であったので誰もいません。単車に乗った宮司さんと思しき方とすれ違ったのですが、全く私たち夫婦以外の存在を感じませんでした。

岩の接してたっている祠が「高座神社(たかくらじんじゃ)」なのでしょうか。なんとも気持ちの安らぐ神社です。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】