(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年09月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市老原 御劔神社


大阪府八尾市老原に鎮座する御劔神社(みつるぎじんじゃ)です。

この神社は国道25号線の老原交差点に残る道標から平野へ向かう道の途中にありました。

いつかこの道を平野に向いて走ってみたいものです。そう思わせる歴史を感じさせる皆藤です。


御劔神社(みつるぎじんじゃ)

由緒

長瀬川上流左岸と了意川(現平野川)上流右岸に位置するこの地は早くから拓け、古くから農作に従うものが現れ、豊穣の神といわれた素盞鳴尊(すさのをのみこと)を祀り氏神として豊作を願ったものである。老原は奈良朝期から存在していたと伝えられている。

この神社の創祀は未詳であるが、当南老原定善寺が大永二年(1522年)の創建と記録されていることから、それより久しく以前であることは確かであろう。

現存の灯籠が最も古く享保十三年(1728年)次いで鳥居が文化十一年(1814年)に建立されており、旧社殿もこの頃再建されたとおもわれるが、昭和三十六年(1961年)の台風渦で倒壊、その後仮殿となっていたが、このたび氏子中の総意により新しく造営されたものである。

平成十年十一月建立』


手水鉢が個性的ですね。

最近は神社でも、モダンな手水鉢を備え付けている神社が増えているようです。

時代の流れを止めるよりも様々な歴史を蓄積して行って欲しいものです。

古いまま保存するのが良いものもありますが、神社に関する信仰が現在進行形であるならば、それぞれが時代に応じたものに変化してこそ、本当の信仰であると思います。

その形は様々に変化してこそ、時の信仰を集めていくことになるのでしょう。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】