(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年09月18日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市南木の本 樟本神社・日羅寺(日羅禅寺)


大阪府八尾市南木の本に鎮座する樟本神社(くすもとじんじゃ)です。雨がますます強くなって来ました。


樟本神社(くすもとじんじゃ)(日羅寺(にちらじ))

この地は物部氏の住地であり、この社はその祖神をまつったものである。北木の本と木の本に鎮座する樟本神社(くすもとじんじゃ)と同名の二社があり、延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)には、樟本神社(くすもとじんじゃ)三座と記されている。

守屋が聖徳太子の軍を防ぐために、このあたりに「稲城(いなき)」を設けたとき、城中に榎木があったので、これを「榎木城」といい、村の名も「榎木村」といったが、のち「木本」になったと伝える。

境内には黄檗宗日羅寺(にちらじ)がある。薬師如来(やくしにょらい)を本尊とする。日羅(にちら)は、百済へ渡り重く用いられた。敏達天皇は任那滅亡後、日羅(にちら)を呼び戻し、百済(くだら)の政情をたずねたところ、「兵事よりも、百姓保護に務め、国力を充実して、百済(くだら)を討つべし」と説いた。このため同行して来朝していた百済(くだら)使臣のために暗殺された。

厨子は、延宝八年(1680)平野の豪族末吉勘兵衛利長の寄進によるという。

八尾市教育委員会』


樟本神社(くすもとじんじゃ)縁起

由緒

当社は延喜式に記載されている樟本三座の一にして、創建の年代は詳かではないが、用明天皇の御代(約1,400年前)物部守屋公が本拠地である稲村城(現光連寺(こうれんじ)敷地)の守護神として一族の祖神と崇めていた布部大神を奉祀されたものと伝えられる。

紀記 古伝によると悪疫邪霊を祓い、又、○○を司る農耕○の神として広く村民の崇敬を受け現在に至っている。』


灰皿には「日羅寺(にちらじ)」と記されており、道路沿いの大看板には「敏達天皇勅願寺 臨済正宗 高樹山 日羅禅寺(にちらぜんじ)」となっています。

縁起

ここ日羅寺(にちらじ)は、物部守屋が籠もった稲城(いなき)の跡に建てられました。

名の由来は、「日羅(にちら)上人」とも「日羅(にちら)将軍」とも言われる百済生まれの倭人で、大伴金村大連に随伴して百済(くだら)に渡った火葦北国造阿利斯登の子です。後に百済の都城の治安守護にあたる将軍となり、文武両道に秀で信仰心厚く仏教への造詣の深い人物です。

西暦583年、敏達天皇勅令により、帰国した日羅の為に、この地(阿斗)にわが国最古の寺院の一つとして日羅寺(にちらじ)は建立されました。同じく日羅(にちら)開基寺院は、鹿児島の鳥羽上皇御命名一乗寺(いちじょうじ)(末寺65ケ寺)を始め全国に百数十ケ寺あり、奈良県の橘寺(たちばなでら)には国の文化財、木造日羅(にちら)立像にそのお姿を見ることができます。

明治の廃仏○釈の中、樟本神社分社を境内にお迎えすることで残されました。また、熊本県には「日羅神社(にちらじんじゃ)」もあり、将軍祭りは今も盛大に営まれ、日羅寺(にちらじ)同様、村人の厚い信仰を集めています。

聖徳太子は病に苦しむ善男善女の病平穏を願い、四天王寺(してんのうじ)に病気治療所、薬草園をお造りになり、自らは薬師如来(やくしにょらい)立像を彫られ、ここ日羅寺(にちらじ)本堂に安置されたとの伝承があります。』


雨がきつくなってきたのと、土地勘がないのとで写真があまり撮れませんでした。

写真を整理していて解らなくなったのですが、なんと樟本神社(くすもとじんじゃ)は三社あり、八尾市木の本と八尾市南木の本、八尾市北木の本とこれまた住所も紛らわしいので、八尾市でも木の本周辺の土地勘のない私には難解でしたがようやく位置と地名が一致してきました。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】