(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年09月17日、28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市東弓削 弓削神社


大阪府八尾市東弓削に鎮座する弓削神社(ゆげじんじゃ)です。別名、河内大社(かわちたいしゃ)とも呼ぶようです。

弓削神社(ゆげじんじゃ)については、弓削の弓削神社(ゆげじんじゃ)と混同してしまっていました。

こちらの弓削神社(ゆげじんじゃ)は、


『物部氏に属した弓削一族の本拠地であった。

この神社は枚岡、恩智につぐ三指に数えられた大社で、もともと現社地東方300mの字古宮にあったと言う。

かっては、大和川が上記弓削神社(ゆげじんじゃ)と当神社との間を流れており、川を挟むように神社が鎮座していた。大和川の水運を握っていたということであろう。

本殿は風格があるが社域は狭く。その本殿の両横に銀杏の木、西の鳥居の両側に楠の木がそれぞれある。』


wikipediaには、

弓削神社(ゆげじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。 付近に勢力を保持していた物部氏の一族である弓削氏の氏神である。

八尾の弓削神社(ゆげじんじゃ)は、JR志紀駅・長瀬川を挟んで2箇所あり、東側の東弓削一丁目にある弓削神社(ゆげじんじゃ)と西側の弓削町一丁目にある弓削神社(ゆげじんじゃ)の二社一対で二座にあてている。両社とも式内大社である。

鎮座地は弓削が旧河内国志紀郡、東弓削が旧河内国若江郡にあたり、延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)には若江郡の式内社(しきないしゃ)と記載されている。』

と書かれているので、見た目はこちらの方が若干寂しそうなのですが、延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)に掲載されているのはこちらの方ですね。JRの志紀駅が弓削神社(ゆげじんじゃ)の方に出入り口が配置されていたので、人の流れもそちらに向いたのでしょうか。

土地の高さもこちらの方が高いので、そもそも大和川の付け替えまではこちらが地面であったという方が正しいようです。

他にも川を挟んで二座の弓削神社がある例が、久留米市の弓削神社(ゆげじんじゃ)(筑後川)、熊本市の弓削神社(ゆげじんじゃ)(白川)等があるそうですが、詳細は不明ということなのですが、何らかの関係があるのでしょうか。

チェックしていて解明するまでに時間がかかってしまいました。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】