(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年09月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市山本町 山本八幡宮


近鉄大阪線河内山本駅の北側直ぐにある大阪府八尾市山本町に鎮座する「山本八幡宮(やまもとはちまんぐう)」です。

山本八幡宮(やまもとはちまんぐう)

享保元年(1716年)、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)より神霊を勧請し、山本新田の鎮守として分祀された。

1956年に社殿が改築され、現在に至っている。本殿は社殿の中に収まっている。

1994年から1997年にかけて社殿を除いたすべての施設に大幅な改修が行われた。 社務所・集会所・神楽殿は撤去され、境内北西角に鉄筋4階建てのビルが建てられた。さらに敷地東側・玉串川の間に歩道が整備された。(それ以前は川岸ぎりぎりまで神社境内だった。) 正面にあった太鼓橋は撤去された。』

駅前というより、駅正面であり駅のバスターミナルが真横にありますので、この神社の前を通る人は数が多いと思います。

個人的には、河内山本駅に来ることは少ないのですが、昔からかなり玉串川岸の桜が綺麗に咲き誇っている事は知っていますし、住宅街もかなり高級な方であると思います。

境内は整備され過ぎて近隣の他の神社と比較しても少しイメージが異なると思います。行き届きすぎてします。大木もなく、境内中央部は樹木の影もなく、大木が育っている神社の涼しさは感じられませんが、神社前を通る人の多さや参拝する人の多さがまた違うイメージを呼び起こします。

ここから東へ50mほどの場所に山本新田会所跡の石碑もありますし、この神社が山本新田の鎮守であったということは十分に伺い知れます。

面白いのは、この周辺が整備されているのが、やはり新田の跡であるという痕跡が地形図上に見えるような気がすることです。

鴻池新田会所周辺の地形図上の整備された道は、古くからの村の道ではないということと、40年ほど前には、玉串川から東は、田んぼで畦道を自転車で走って友達の家に行ったことが記憶にあります。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】