(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年09月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市佐堂町 杵築神社


八尾市佐堂町に鎮座する杵築神社(きづきじんじゃ)です。


杵築神社(きづきじんじゃ)

弥生時代の佐堂遺跡内にある産土神で、通称「佐堂のお宮さん」で親しまれている。

祭神は素戔嗚尊(すさのをのみこと)で出雲本社から分霊したものと伝えられる。

本殿は一間社春日造で覆屋内に鎮座する江戸時代中期の敬つく様式である。

境内には享保十八年(1733)宝歴五年(1755)の銘のある石燈篭もあり由緒深い神社である。

神社の後方には佐堂狐山という宮寺の土壇の跡があって、舟形の花崗岩に五輪塔を陽刻し、地輪に「元亀元年○道智○八月」の銘のある墓碑があったが、今は佐堂の墓地に祀られている。

昭和六十一年一月

八尾市教育委員会』


近鉄久宝寺口駅のほぼ東方向にあります。生憎といって良いのかもしれませんがここも八尾市佐堂町の中央部にあるので道は少し複雑です。河内平野の神社は樹木が茂ってところが多いので目標ははっきりします。

ここから穴太神社へは直線距離で400mもありません。

新規の住宅地になっていますが。割と敷地の広い家が多いのも特徴です。遺跡の中央部と説明されていますが、久宝寺口駅の南側は長瀬川(旧久宝寺川)の東岸になっており、この辺も湿地であったのでしょう。

この駅の南側の長瀬川(旧久宝寺川)沿いには桜が植えてあり、春には大変綺麗なところです。

穴太神社(あのうじんじゃ)に歴史の記述では及びませんが弥生時代に繁栄していたということですから、古くから地面だったのでしょう。まらた、旧大和川東岸の街道があったのではないでしょうか。

地形図を見ても、東大阪市友井に鎮座する御剣神社(みつるぎじんじゃ)から来たのですがこの神社への道筋が中央環状線で分断されていますが見えてきます。明らかに長瀬川を挟んだ500m程度の幅とは道のつきかた等が異なります。

拝殿等は新しくなってしまっていますが、境内末社の狛犬は古いものと思われました。狛犬の好きな人にはたまらないのでしょうが、やはり石製の燈篭や狛犬は古いものでも長く残っているようですね。

木造の建築物は難しいようで、法隆寺(ほうりゅうじ)は驚異的であることがよく理解できます。


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】