(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年09月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市宮町 穴太神社


大阪府八尾市宮町に鎮座する穴太神社(あのうじんじゃ)は聖徳太子に関係の深い神社です。

穴太神社(あのうじんじゃ)、廃千眼寺跡

当地域は安康天皇の設けられた穴穂部の地、聖徳太子の生母間人穴太部皇后の成人の地といわれる。

当社は古代氏族穴太氏の一族の祖神を祭る産土神で、境内に残る寺跡はその氏寺であったと考えられる。同寺は河内鑑名所記、和漢三才図会に名刹千眼寺として紹介されている、

この社の付近一帯はそのむかし大集落の繁栄がうかがわれ、これまで奈良時代から室町にかけて住居跡の埋没が確認され昭和五十六年の調査では多くの遺物が発掘されている。』

お寺でしたか。なんとなくこの辺りを車で走っていた頃にランドマークにしていた鎮守の森でした。

穴太神社(あのうじんじゃ)畧記

一、御祭神

天照大神、春日四座大神、住吉四座大神の九柱大神

一、由緒

○○穴太の地は間人(はしひと)穴太部皇后(聖徳太子の御母君)の御生地にして由来穴太部落の氏神として由緒、特に深く明治以前までは宮座八戸を有し近郷稀なる古名社である。

代々氏子氏敬神の念篤く、昭和五十七年には社殿の古朽著しくなったので、恐○して現今の社殿社務所、其他の御復興工事を完成し○年十月十五日盛大なる正遷奉祝祭を執行して結構壮麗今日に至った。』

なんとなく神社と寺院の混在の雰囲気は感じます。日本の寺院と神社の境目がはっきりしなくなってしまっているのはある意味残念なところもあります。

『由緒

当社は旧若江郡式内社(しきないしゃ)の中にて、安康天皇の設けられた御名代部の一つで穴穂部()の地にして、聖徳太子の生母、間人(はしひと)穴太部皇后の生地であり、成人された地であって、産土神として奉斎せられ来たと伝えられる。

古来、宝物・古記録当豊富であったが、後世回録(かいろく)(わざわい)(こうむ)り総て消失したので創建年月は不詳であるが、古名社の一つである。

昭和五十七年十月旧社殿の老朽著しく、穴太旧村二十五戸を初め氏子民崇敬者の努力により、千木高々に新社殿を竣功、御遷座仕へ奉って、結構壮麗今日に至る。

又、境内北にある末社稲荷社も同じく新殿竣功相成って御遷座仕へ奉り今日に至る。半九郎稲荷大神(はんくろういなりおおかみ)と称えられ、穴太神社と共に広く氏子・崇敬者の護りの神と仰ぎ奉らる。』


関連情報レポートリンク

【八尾市 神社一覧】