(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年09月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市山本町 山本新田住友会所跡



『この地は大和川付替後、宝永五年(1708)玉串川河川敷に生まれた山本新田(やまもとしんでん)を管理した会所跡である。

享保八年(1723)より住友氏が所有し、その後二百二十年間を経て昭和十五年(1940)に至り山本八幡宮、更に八尾市に寄送され現在に至った。

この間、明治六年(1873)山本小学校の前身、河内第四十一番小学校もここに創設され、常に河内山本発展の原点である。』


現在は近鉄大阪線の河内山本駅から「八尾市立 山本コミュニティセンター」になっています。

会所跡と山本小学校跡の石碑の横に何の変哲もない石が三つ転がっています。一寸盗むのは難しそうです。


力石(ちからいし)

力石(ちからいし)」は「さし石・かたげ石」とも呼ばれ、江戸時代から昭和初期まで若者たちが持ち上げて、力比べなどに用いた。

もと恩智にあったもので、重量は約80kgから100kgある。

八尾市教育委員会』


写真を撮った日は土曜日で、更に地蔵盆の日で写真を撮っている後方に北向き地蔵というのがあり、子供の祭りのはずが爺さん婆さんが大量に集まっていました。ここに辿り着くまでの道でも、飾り付けがありましたが子供はいませんでした。

えらい時代になってきましたね。

ところで写真を写し終わってから、何故かそれまで誰もいなかったのに人だかりができていました。

普段、気にもしていないものを、写している私を見て気になったのでしょうか。

河内の人間なのですから、鴻池新田会所(こうのいけしんでんかいしょ)へ行って、この河内山本の歴史にも思いを回らせてほしい物です。