(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年08月31日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

天王寺七坂 真言坂


中途半端になっていた天王寺七坂へ行ってきました。口縄坂はまた今度になります。

真言坂(しんごんさか)は、天王寺七坂と数えられる坂の中で唯一南北方向の坂道です。他の六坂は東西方向ですし、谷町につながっているのですが、この真言坂は千日前通りへと繋がっています。

個人的には生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)の鳥居がある谷町筋と千日前通りの交差点から登っていく道が参道で、これが真言坂(しんごんさか)と思っていたのですが違いました。

真言坂(しんごんさか)

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)の神宮寺であった法案寺をはじめとする生玉十坊が、明治の廃仏 釈まで神社周辺で栄えていた。うち、神社の北側には、医王院・観音院・桜本院・新蔵院・遍照院・曼荼羅院の六坊があった。すべて真言宗であったので、この坂は真言坂(しんごんさか)と呼ばれた。』

なるほど、今回初めて気付いたのですが、きちんと石畳になっていますね。私が思っていた鳥居からの道は、ホテルがあったり、ワンルームマンションがあったりと少し違うなとは思っていました。

次の坂は源聖寺坂(げんせいじさか)なのですが、生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)へも寄っていくことにします。この上町大地の谷町側は特に寺院の密集地帯となっていますし、神社等もあります。天王寺区役所も区内のスポット、名所。旧跡で天王寺七坂を特別に取り上げています。

また大阪市の「歴史の散歩道」の中の「上町台地北コース」になっています。

マップを見ても朝潮橋から本町、土佐堀通り大阪城も含まれてJR天王寺駅付近まで含まれています。殆どがJR大阪環状線の内側の大川より南と言ったと頃でしょうか。

それにしても他の坂と比較しても短くて殺風景な坂です。登りきったところが生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)の北側の門になっています。

コンクリートで固められた道標は「右 京滋」とまで判別出来ますが、その下は一寸解りませんね。

天王寺区の説明書きには『「攝津名所圖曾(せっつめいしょずえ)」巻之三には「生玉眞言坂(いくたましんごんざか)」として階段の坂が描かれています。』

『現在の真言坂は石畳の道で、静かな雰囲気をかもしだしています。生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)の北門前にある二基の常夜灯は、天満八軒家船着場にあったもので、万延元年(1860)の銘があります。』

上の二項目が追加されています。やはりあまり書くことがなかったのでしょうね。