(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年08月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市七軒屋 山科神社


東大阪市七軒屋に鎮座する山科神社(やましなじんじゃ)別称、「山科大明神(やましなだいみょうじん)」です。

長田神社(ながたじんじゃ)から中央大通り(築港枚岡線)を北に越えて七軒屋(しちけんや)まで直進です。

この公園から七軒家まで向かうのは初めてです。本当に二万五千分の一の国土地理院の最近の地形図は見にくいというか、読みにくいというか、何とも言えません。

この神社、大阪府神社庁のマップにもありません。それにしては、きちんと地形図には神社マークがついています。

現在の稲田の前進が七軒家で、洪水が繰り返し起こるので稲田へ移転したと稲田八幡宮(いなだはちまんぐう)の由緒書きに有るようです。

稲田八幡宮(いなだはちまんぐう)は、字宮の町と呼ばれ頃の稲田村は現在よりも東へ1Kmの七軒家にあって、寝屋川と長瀬川にはさまれていたために毎年増水に悩まされたので、水はけの良い西の現在地へ約400年前に村移りしたと記録に残っています。』

それならば、七軒の家があったとか、七間の間口の家があったとか言うことではないのでしょうか、いかにもという地名なのですが。

実はこの神社、北へ行きすぎてしまい、たどり着くのに北側の道を選んだら、なんと神社側へ通じる道がないために相当な遠回りになりました。

山科神社(やましなじんじゃ)」という名称も不思議なのですが、岩に「山科大明神(やましなだいみょうじん)」と彫られていることからも間違いはないのでしょうが、由緒も何も分かりません。

経験から考えると「大明神」などの場合は「稲荷神」系の場合が多かったような気がします。

いろいろと調べて見ましたが、この神社のことは何も分かりません・大体、私は国土地理院の地形図をかなり信頼していたのですが、多色刷になるに連れて読みずらくなってきました。

妙にアンバランスな鳥居の奥には「山科大明神(やましなだいみょうじん)」の石碑が祭られています。本殿なのでしょうか、裏にこの様な石碑があるので、ここが神域になっているのでしょうか。

七軒家交差点の東側は、田畑であったのですが、今では家や工場になってしまっていますし、この辺あまり土地勘もないので私自身は戸惑ってしまいました。

陽向と日陰のコントラストが強くなってきました。徐々に暑くなってきました。汗を拭いながら写真を写している私の姿が面白かったのでしょうか、隣家の奥さんが掃除をしながらニコニコと笑っていました。

次は中央環状線を渡って、三島のの神社マーク「三島椿神社(みしまつばきじんじゃ)」へ向かいます。


関連情報レポートリンク

【東大阪市 神社一覧】