(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年08月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市幸公園 木村重成墓


東大阪市の真ん中を東から西に流れる第二寝屋川の若江南町に「山口(やまぐち)重信(しげのぶ)」のある「若江南墓地」があります。木村(きむら)重成(しげなり)墓がある幸公園の真北になります。

この幸公園は広いですね。もっと狭っ苦しい公園をイメージしていたのですが、広い公園です。盆踊りの櫓が組まれていました。河内音頭の中心地でもありますので、賑やかに行われるのでしょう。

向かいの山口(やまぐち)重信(しげのぶ)は徳川方の武将であったそうですが、木村(きむら)重成(しげなり)は豊臣方の武将として此所に陣を張っていたようです。

石碑によると

木村(きむら)重成(しげなり)の墓

大坂夏の陣で戦死した重成の墓は、もとはここから東50mの地点にあったが、昭和42年第二寝屋川の開削工事により、その川筋にあったのでここに移された。

この墓は宝歴十四年(1764)重成の150回忌にあたって、重成の首を落とした安藤長三郎の子孫で、彦根藩士安藤次輝が建てたもので、昭和十四年大阪府の史跡として指定されている。

八尾市教育委員会』

向かいの山口(やまぐち)重信(しげのぶ)の説明とは大違いであっさりしたものです。勝ち負けの差がここまで出るのですね。

そう言えば、木村(きむら)重成(しげなり)という武将の名前は、彌榮神社(いやさかじんじゃ)北側の一段高いところにある「馬立(うまんたて)」の説明にも出てきていました。丁度、彌榮神社(いやさかじんじゃ)小坂神社(こさかじんじゃ)と司馬遼太郎記念館の間にある小高い場所で、ガレージの中に当たります。

そうなると、先ほど見た福栄橋(ふくえいばし)も「十三街道」と書かれていましたが「馬立(うまんたて)」も「十三街道」沿いにあるということなのでしょうか。小学生の頃から自転車で走り回っていた道が「十三街道」であることは最近知りました。布施カトリック教会の南にある東大阪商工会議所北側の道がそうだと知りました。

細くてくねくねと曲がり、古い家があり、祠や神社や寺が沢山あるなとは思っていたのですが、意外や意外古くは多くの人が往来したメインストリートだったのですね。布施恵比寿神社(ふせえびすじんじゃ)があるところから、現在の地に移転した都留彌神社(つるみじんじゃ)が何であの場所にと思ってたのですが「十三街道」沿いに移転したのですね。やっと歴史の紐解いた気がしてきました。

玉串川の桜を見に行った帰りに通りかかったのですが、隣の老人ホームの皆さんが多数、花見を楽しまれていました。こんなに綺麗に咲いているとは思いませんでした。意外な桜の穴場かもしれません。この公園は結構広いのでゆっくりとできそうです。


関連情報レポートリンク