(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年05月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市下小阪 小坂神社


大阪府東大阪市の近鉄奈良線の河内小阪駅と八戸ノ里駅の中間の南側で東大阪市下小阪に鎮座する小坂神社(こさかじんじゃ)です。東側には司馬遼太郎記念館があります。

この神社はクスノキではなく、大きな銀杏の木が鳥居をくぐってから本殿まで続いています。新緑の季節には大きな緑陰を作り出してくれています。

市の説明書きでは、小坂神社は、『元禄年間、下小坂の原野を開拓した移住者達が水利至難のため大和の国吉野の水分大神(みくまりおおみかみ)袖振山(そでふりやま)受◆神(うけのりのかみ)を祀ったのに始まるとされています。もと子守勝手明神といわれてましたが、明治5年に小坂神社と改称されました。

昔は境内に葦が密生していたと伝えるように、この付近は旧大和川支流の自然堤防の東側に後背湿地が広がっていました。この湿地を開発した水田は、多雨期の水浸かりによる損害とともに、一旦日照りが続けば、潅漑用水を上流や古田が優先して取得するため干損に苦しんだと言われています。こうした状況に対する人々の心の拠り所として、この神社がまつられたと考えられます。

境内には明治23年(1890)に建てられた鳥居の横に、寛政五年(1793)と享和二年(1802)銘の燈籠一対があります。参道西側には白龍稲荷大神の小祠がまつられ、金毘羅大権現の前に「寛政四壬子年(1792)」と刻む燈籠があり、もと社務所の位置にあったといわれる稲荷大神の前には風化した竿部分に年号等は確認できませんが、基礎部分に蓮弁を施す18世紀前半頃の燈籠が残されています。』と説明されています。

また、神社独自の説明書きがあり、

『小坂神社略記
御祭神 天水分神 國水分神 受◆神(うけのりのかみ)
本地は古来若江郡に属し、北小坂村と称していたが、寛永十年(1633)正月、下小坂村と改称する。

これより以前の天正二十年(1592)、十八件の家がこの原野開拓に当たり、水利至便、五穀豊穣を祈願する為、当社を奉祀したのが起因である。水分(みくまり)とは、水を配り与える、すなわち潅漑を司る神の御名である。後に語言が変わり「みくまり」が「身籠(みこもり)」となり更に「(こもり)」となり妊婦、安産、子授け神として世に「小坂こもり宮」と称し近郷の崇敬を集めた神社である。

往昔境内に葦が密生しこれが皆片葉であり諸病に功ありと伝えられた。俗説に「花の下坂名所が御座る、宮に片葉の葦御座る」と謡歌されたのは当社のことである。

明治五年小坂神社と改称。昭和3年指定神社に登録、昭和21年宗教法人小坂神社と改め従来通り下小阪一円の氏神として奉祀し現在に至る。昭和52年12月社殿奉建。
昭和62年1月
小阪神社』

とあるのですが、実はこの神社の50mほど南には彌榮(弥栄)神社(いやさかじんじゃ)という神社があり、この辺り一円の氏神であるようなのです。


関連情報レポートリンク

【東大阪市 神社一覧】