(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年03月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

天王寺七坂 逢坂


大阪市天王寺区の天王寺7坂の最後の坂です。国道25号線沿いに石標が立っているだけで情緒も何もありません。安居神社(安居天神、安居天満宮)から出てくると向かいは一心寺です。この辺から<四天王寺(してんのうじ)の西門まではゆっくり歩いても10分もかかりません。

歩道の端のガードレールのところに新しく作り直したと思しき石標と立て看板がありました。国道になってしまっているので昔の面影も情緒も何もありませんが、向かいは一心寺です。彼岸なので御詣りの方が沢山いました。やはり年配の方が多いようです。

立看板には、「天王寺松屋町筋終点、いわゆる合法ヶ辻から東へ上がって四天王寺(してんのうじ)西門に至る坂である。逢坂は、逢坂の関になぞらえてよんだものとも、他説では聖徳太子と物部守屋の二人が信じる方法を比べ合わせた「合法四会」に近いことにより合坂と名づけられたなどの諸説がある」と記されています。

写真を撮る場所も被写体もありませんので、松屋町筋側の下り方面を立看板と石碑を入れて写してみました。でもね、逆光ですね。そうそう、真ん中に写り込んでいる土筆(つくし)みたいな塔は通天閣です。

この場所は安居神社(安居天神、安居天満宮)から出てきた所です。

坂の上方、四天王寺(してんのうじ)の西門へ登っていく側の写真なのですが、そんなにきつい坂ではありません・面白いのは白い看板には「真田幸村没地 安居天満宮」と書かれています。何となく不思議なのですが、「安居神社」と言ったり、天神坂の名称の説明には「安居天神」といったりいろいろなんですね。

向かい側の一心寺の金色のとんがり(法輪)があまりにも目立つので思わずシャッターを押しました。歴史の散歩道も逢坂に出てしまうと車の騒音で騒然としています。国道25号線は結構通行量が多いのでこの辺でも渋滞まではしていませんでしたが、結構な通行量がありました。

一心寺前の信号です。私の祖母はここに納骨したと聞いたことがあります。祖父とは毎月の弘法さんに連れられてきていましたが一心寺の記憶はあまりありませんでした。理由は弘法さんの方が強烈な印象だったのでしょう。

近鉄の上本町6丁目駅や地下鉄の谷町9丁目駅からこのあたりまで歴史の散歩道を散策するコースはなかなか風情があって静かですし良い所です。


関連情報レポートリンク

天王寺七坂