(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年03月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

2008年大阪城梅林


閏年の閏日の2008年2月29日に森ノ宮に用事があったので、少し早く行って大阪府大阪城公園の梅林を訪問することにしました。

今年の2月は寒かったせいでしょうか、早咲の「寒紅(かんこう)」「冬至梅(とうじばい)」「八重野梅(やえやばい)」が、満開との案内ですが、その他の品種はまだ少し早いようです。

私は品種や細かなことは知りませんが、特別展示したあった三つの鉢も満開まではいっていないようです。残念ながら、それぞれの名称を記憶していませんが、金屏風の前で展示してあるくらいですから名品なのでしょうね。

なんか1m近い高さの梅が植わっているのですが、これは盆栽なのでしょうか。樹高の割には幹が太く立派な様相を見せてくれます。とにかく、満開の3品種以外では、「一重野梅(ひとえやばい)」という品種が、満開近しと表示してあったのですが、もう1週間程度たって暖かくなれば香りも強くなり、数多くの品種が満開近しと満開が多くなり素晴らしい観梅が可能になるのではないでしょうか。

昨年は訪問しなかったのですが、一昨年は暖かかったのか2月の中旬でももう少し咲いていましたし、訪問者ももっといましたといっても、日が陰っている時間帯でしたし、売店も閉まりかけていましたので、訪問した時間が、遅かったといえばそうかもしれません。

それにしても、見るからに外国人と分かる白人や黒人と、多数のアジア人がいるのには驚きました。会話の言葉がおそらく中国語や韓国語にタイ語のような言葉と、観梅を楽しんでいる人が、観光客がかなりいました。

もっと開花情報が満開が多くなれば、時間を作って再訪したいと思いますが、何よりも香りを楽しむまではいきませんでした。梅の香りは結構きつくて素晴らしいものなのですが、まだ満開の花種が少なくて香りが感じられるほど咲き誇っていないということでしょう。今回は残念でした。

緑萼(りょくがく)」「南高(なんこう)」「鹿児島紅(かごしまこう)」「小梅(こうめ)」「古城(こじろ)」「白加賀(しらかが)」「紅千鳥(ベにちどリ)」「夫婦梅枝垂れ(めおとばいしだれ)」「紅玉枝垂れ(こうぎょくしだれ)」「玉垣枝垂れ(たまがきしだれ)」「曙枝垂れ(あけぼのしだれ)」「鈴鹿の関(すずかのせき)」と遅咲きの2品種「淋子梅(リんしばい)」「豊後(ぶんご)」が開花情報には掲載されています。

今咲いている梅の花の色は、白からピンク系の花と赤色の濃い花と黄色です。名称不案内で申し訳ないのですが、それぞれの花はしっかりと咲いています。5弁の花と八重になったものがありますが、桜でもそうですが、一つの花を見ると八重の方が、花の塊としては大きくなり豪華に見えます。

大阪城公園の梅林の梅の開花情報はホームページで花の期間のみ公開されていますので、確認して行かれることを薦めます。

上記のリンク先は、時期が済むと切れてしまうと思いますので、切れてしまっていれば、大阪市立公園の中の大阪城公園をクリックして見てください。その中に情報が詰まっていると思います。間もなく桜の季節になりますので、梅の花もそんなに長くは続きませんよね。

大阪城公園に「大阪城 桃園」も復活しているようなので確認して行かれることを薦めます。


関連情報レポートリンク