(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年01月10日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市足代 布施戎神社(えべっさん)


布施恵比寿神

今日は年に一度の「えべっさん」の日です。全国的に有名なのは西宮神社(にしのみやじんじゃ)の「西宮戎(にしのみやえびす)」でしょうか。でも商売の町大阪にも「今宮戎(いまみやえびす)」があります。ところがあまり知られてはいませんが、今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)今宮戎(いまみやえびす)から東方の大阪府東大阪市の河内にも「布施戎神社(ふせえびすじんじゃ)」があります。

えべっさんは、毎年1月9日から11日。9日が「宵戎(よいえびす)」、10日が「十日戎(とおかえびす)本戎(ほんえびす)」、11日が「残り福(のこりふく)」と呼ばれています。みなさんも聞かれたことがあると思いますが、えべっさんは「商売繁盛で笹もってこい」という掛け声で、笹に多数の縁起物を付けてもらい翌年に返しにいくということを繰り返します。

いつもは、「宵戎(よいえびす)」に行くのですが、今年は昼間の「本戎(ほんえびす))」に出かけてみました。いつもよりも込んでいるなという勘がありましたが、西宮や今宮に比較すれば空いているのが実感です。何よりもここには日本一大きい「恵比寿(恵比寿神)さまがあります。」

布施には過去には日本一賑やかであった商店街がありますが、最近は、交通網の発達の影響でしょうか、昔ほどの賑わいはありませんが商店街が頑張っています。なによりも私の子供の頃には繁華街へ行くことを禁止されていましたので布施というの特別な響きのある地名であったことは間違いありません。

もともとここには「都留彌神社(つるみじんじゃ)(鹿島神社(かしまじんじゃ))」があったところで、「都留彌神社(つるみじんじゃ)(鹿島神社(かしまじんじゃ))」が東へ移転した跡地に「布施戎神社(ふせえびすじんじゃ)」が創建されたという経緯があるそうです。

昔、東大阪市立の郷土博物館にかなり昔の国土地理院の地形図が掲示されていましたが、興味深かったのは「布施村」と表示された数件の家の立つ集落が存在していました。

皆さんがよくご存知なのは、ここの近くに「塩川正十郎(塩じい、塩爺)氏」の本宅があります。塩じいは結構人気者で、私も金に汚い政治家の多い中で長年に渡り結構頑張った政治家であったと思います。本宅も結構大きな屋敷で、二本の商店街の間の静寂な空間に存在します。

昔ほどの賑わいはありませんが、近畿日本鉄道の奈良線と大阪線が分岐するところで、大阪線は「伊勢や名古屋」まで向かう線です。「奈良線」は、文字通り古都奈良へ向かう線で沿線には「花園ラグビー場」が、結構全国的には知られています。

最近では、「布施ラインシネマ」がマニアの間には空いていて比較的綺麗な映画館として名が通っているそうです。難波や梅田の混み合った映画館で見るよりも空いた映画館でゆっくり映画を観覧する事も時には良いのではないでしょうか。

くりまん

東京の単身赴任時代は、土産に布施駅前南側の「有限会社ももや」の「くりまんじゅう」や「みかん、かき、ばなな」というまんじゅうが人気者でした。なんせ、直径10cm程度で、重さが500gいじょうの巨大なまんじゅうを持っていきました。女性陣にはかなりのインパクトがあったようで人気でした。

子供の頃には、一人で1個食べたというのが学校で話題になるサイズで、食べきるにはなかなか根性のいる大きさです。昔は生物ですからということで、地方への発送はできませんでしたが、最近は真空パック包装になっていますのでひょっとしたら送ってくれるようになったかもしれません。

ちょっと萎びた商店街ですが、大阪へ来たら一度足を伸ばしてみればどうでしょうか。近鉄難波駅からたった10分程度で到着します。


関連情報レポートリンク

【東大阪市 神社一覧】