(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年11月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

相楽郡笠置町笠置笠置山 胎内くぐり〔笠置寺〕


京都府相楽郡笠置町笠置笠置山にある「胎内くぐり〔笠置寺(かさぎでら)〕」です。

笠置寺(かさぎでら)の初訪問参拝で境内を散策してきたのですが、行場巡り順路を反対に廻ってきたようです。

今回は紅葉の季節ですが、春の桜の頃にはかなりの人出もあるようですが、桜の花の咲くさまは、笠置駅周辺から木津川沿いにも素晴らしいものですが、笠置山も耳にすることが少なくないのでその頃に再訪問したいと思います。


胎内くぐり

笠置山修行場の入り口にあり、行場入りする前に滝で身を清めるのが普通であるが、当山は滝がないため、この岩をくぐりぬけることにより身を清めたという。

安政地震で天井岩が落下、以後切石の天井となった。』

※ 境内掲示より


行場巡りにはあちらこちらに大岩が露出しています。

笠置山というのは、木津川の南側にあるのですが、歴史の中にはきちんと出てくる地名なのですが、あまり認識されていないというのが実態だと思います。

私も笠置駅脇の木津川の河原でキャンプをしていたのですが隔世の感があります。

ここから吉野山までは相当な距離もありますし、奈良盆地を南下するよりも大変な道のりであったと思いますが、凄いことだとおもいます。

簡単に移動できる道筋ではありません。

驚きしかありません。