(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年01月08日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

綴喜郡宇治田原町湯屋谷空広 永谷宗円生家


京都府綴喜郡宇治田原町湯屋谷空広にある「永谷宗円(ながたにそうえん)生家」です。

茶宗明神社(ちゃそうみょうじんじゃ)が鎮座していることは知っていて、地図を眺めていて凡その鎮座場所を理解しているつもりでやってきたのですが「永谷宗円(ながたにそうえん)生家」の案内板を見受けて更に混乱しながらやってきました。

永谷宗円(ながたにそうえん)生家」についたと車を降りてみると茶宗明神社(ちゃそうみょうじんじゃ)の鳥居が目に飛び込んできました。

何とも不思議なことです。


『宇治田原町指定文化財

永谷宗円(ながたにそうえん)生家・ほいろ跡

宇治田原郷湯屋谷の茶農・永谷宗円(ながたにそうえん)は元文三年(1738)に色、香、味のいずれも格段に優れた煎茶製法(青製煎茶)を十五年の歳月をかけて考案し、その名声は全国的に広まり、後世この製茶法は宇治製(永谷式煎茶)と認められ、宇治田原を緑茶発祥の地と呼ぶゆえんとなっています。

戦後に一部復元された家屋には、当時の「ほいろ跡」が保存されています。

昭和四十九年六月二十日 宇治田原町教育委員会』

※ 境内掲示より


何処かでも似たような内容を読んだ記憶があります。

若い世代が緑茶を飲まなくなっているという統計は事実なんでしょうね。