(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2019年08月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

綴喜郡宇治田原町郷之口川東 南山城水害記念碑


京都府綴喜郡宇治田原町郷之口川東に鎮座する「南山城水害記念碑」です。

川を挟んで橋の向こう側の堤防には福多神社(ふくだじんじゃ)が鎮座していて、橋を挟んで地蔵堂があります。


水害記念碑之記

昭和二十八年八月十四日、日没より降り始めたる雨は、同九時頃より雷鳴を加えて愈々激しく、夜半十二時に至るや落雷閃光交錯し豪雨となりて物凄く危機刻々に近つけり出水の危険を報する警鐘も雷鳴に阻まれて聞えず交通通信は杜絶し電柱倒壊して全村闇黒となれり。

やがて三時三十分頃大字南東谷の溜池決壊、續いて巨大なる東谷新池及び平ノ谷溜池、次々に決壊し、奔流は山津波となりて大打川を下り、沿川の人家瞬時に流失せり

特に高橋の上流二百米附近の堤防決壊し奔流は府道郷之口加茂線上二米の水深となり、矢の如く下り、更に此の地一帯は田原川の奔流と合して濁流渦を巻き、郷之口上町荒木贄田方面の人家に浸水し家財道具を流失して、古今未曾有の大災害となり全村の荒廃、その極に達したり

以来ここに三星霜當時の村長住田利夫氏、議長田村興一氏、副議長桝村信次氏災害復旧対策委員会矢野芳造氏等を中心とし村民一致團結して廃墟より立上り見事に之を克服し、更に旧来の面目を一新したり

仍って此處に記念の碑を建立し自然の暴威を克服せる全村民の偉業を後世に遺さんとす

昭和三十一年八月十五日 田原村長 谷口宗三郎』

※ 境内掲示より


地蔵様に着色するのは大阪では茨木市で初めて出会いました。