(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年01月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

綴喜郡宇治田原町南宮ノ上西 御栗栖神社


京都府綴喜郡宇治田原町南宮ノ上西に鎮座する「御栗栖神社(みくるすじんじゃ)」です。

以前に和束からこちらへ来ようとした時には、和束の八柱神社(やはしらじんじゃ)付近で道路工事をしていて通行止めで断念した経緯があり、初めて通ったルートです。

思っていたよりも道は細かったので、あまり利用したくないなとも感じました。

国道163号線と国道307号線を繋ぐ経路はあまり有りませんので少々悩んでいます。


御栗栖神社(みくるすじんじゃ)

御祭神

 天津彦根命(あまつひこねのみこと)

御神徳

 心願・大願成就・戦勝祈願

当神社は古くより御栗栖大明神(みくるすだいみょうじん)、鎮守の森として崇められており、宝亀元年(770)に栗林の傍らに社を建て守護神として天津彦根命(あまつひこねのみこと)を御祀したのが始まりである。

その栗林は、壬申の乱の際この地に天武天皇が来られた時、村人より献上された煮栗焼栗を土に埋め戦勝祈願された栗が芽を吹いたものである。

御祭神の天照大御神(あまてらすおおみかみ)須佐之男命(すさのおのみこと)の誓約において生まれたとされる神で、山城の国の守護神であらせます。

摂社

大神宮(だいじんぐう)

 天照大御神(あまてらすおおみかみ)を御祀りする。天皇家の皇祖神で、日本人統合の氏神様。

御神徳 五穀豊穣、家内安全、他

天満宮(てんまんぐう)

 菅原道真公(すがわらみちざねこう)を御祀りする。

御神徳 学問・書道の神、農業の守護

子守神社(こもりじんじゃ)

 大海人皇子(おおあまのおうじ)を御祀りする。皇座の森より明治五年当社境内に移され、幼い守護神として子供の成長祈願、小児病除、病気平穏の神様として信仰されている。

御神徳 幼子の守護神、夜泣きの神

※ 境内掲示より



御栗栖神社(みくるすじんじゃ)

宇治田原町南地区に鎮座し、祭神は天津彦根命(あまつひこねのみこと)で、現在は南地域の氏神となっています。 社伝では、弘安六年(1283)六月、荒木の大宮神社(おおみやじんじゃ)から分祀されたのを起こりとされていますが、それより古い時代に豪族が土地を寄進した記録もあり、正確な総建年代は定かではありません。』

※ 境内掲示より


赤い鳥居前には「東海自然歩道(郷之口 ― 鷲峰山)」間の案内図があります。

道路を挟んで「東海自然歩道(くつわ池 ― 郷之口 ― 鷲峰山)」間の案内図もあります。

境内には下記にある(写真の低い方の樹がそうです。)


宇治田原町指定文化財

御栗栖神社(みくるすじんじゃ)の大杉

平成十三年十一月二十六日指定

ふるさとの文化財を大切に

宇治田原町教育委員会


巨樹が凛と聳え立っています。

いやはや驚きました。

杉のこのような幹を持つ巨木は初めてです。

背の高い巨樹は至る所にありますが、太さがあるのはあまり見かけません。


関連情報レポートリンク

【京都府綴喜郡 神社一覧】