(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年04月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市富小路五条下る本塩竈町 浄土宗 新善光寺〔来迎堂〕


京都府京都市富小路五条下る本塩竈町に鎮座する「浄土宗 新善光寺(しんぜんこうじ)来迎堂(らいこうどう)〕」です。

延々と寺院の続く道を進んで来ました。

開門まではいかなくても中を覗える寺院が殆どだというのはじっくりと探訪できるので、そうつまらないものでもありません。

説明書きの立て札が有るので読むだけでも楽しいものです。


新善光寺(しんぜんこうじ)

来迎堂(らいこうどう)と号する浄土宗の寺である。

本尊の阿弥陀如来像は、善光寺(長野県)の創建者である本田善光の子、義助によって善光寺の阿弥陀如来像の分身像として造られたものと伝えられている。

当初、この仏像は、南都(奈良県)にあったが、天仁二年(1109)に、堀川松原の地に伽藍が建立され、そこに安置された。

以後、来迎堂(らいこうどう)新善光寺(しんぜんこうじ)と呼ばれ、多くの帰依者を集めた。

しかし、応仁の乱後、兵火に遭い、寺地も転々とし、天正十九年(1591)、豊臣秀吉の命により現在の地に移された。

江戸時代には、幕府より御朱印の寺領を受け、天下泰平、国民安全の御祈祷所として栄えたが、天明・元治の大火で類焼してしまった。

現在の堂宇は、その後に再建されたものである。』

※ 境内掲示より


次から次へと寺院が並んでいます。