(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年03月05日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市下京区堀川花屋町下 龍谷山 本願寺〔西本願寺〕


京都府京都市下京区堀川花屋町下にある「龍谷山 本願寺(ほんがんじ)西本願寺(にしほんがんじ)〕〔公式HP〕」です。

東本願寺(ひがしほんがんじ)と分割されて分れているようですが何とも言えません。

いろいろと分割後の問題もあるようですが、様々ないきさつから本来西本願寺(にしほんがんじ)であった私の家系ですが、父は東本願寺(ひがしほんがんじ)系の寺院で葬儀をあげて月参りも欠かさずに来てもらっていました。

どうなのでしょうか。


龍谷山 本願寺(ほんがんじ)西本願寺(にしほんがんじ)

本願寺(ほんがんじ)は、すべてのものが阿弥陀如来の本願によって救われる念仏の教えを説く、宗祖「親鸞聖人」によって開かれた浄土真宗本願寺派の本山で、通称「西本願寺(にしほんがんじ)」と言われています。

当初、本願寺(ほんがんじ)は親鸞聖人の廟所(墓地)のあった京都東山の大谷に創建されました。

その後、山科、大坂(大阪)など各地に寺地を移しましたが、天正十九年(1591)豊臣秀吉によりこの地の寄進を受け、現在に至っています。

伽藍は移転後直ちに整備され、寛永十年(1633)頃には、ほぼ今日に近い姿となりました。

御影堂や阿弥陀堂(本堂)はともに重要文化財に指定され、世界最大級の木造建築です。

その他、境内には、安土桃山時代から江戸時代前半(十六世紀後半から十七世紀前半)頃の文化を代表する飛雲閣や唐門、対面所、白書院などの国宝や、数々の重要文化財、特別名勝の虎渓の庭などが今日まで多く遺されています。

平成六年(1994)十二月には、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)で採択された「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)」に基づき、世界文化遺産に登録されました。』

※ 境内掲示より


写真がピンボケですし、お宝満載ですし、再訪問する予定が有るので、其の時に再レポートします。