(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年02月05日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

相楽郡南山城村野殿寺ノ元 千宝山 福常寺


京都府相楽郡南山城村野殿寺ノ元に鎮座する「千宝山 福常寺(ふくじょうじ)」です。

ネットでは「真言宗智山派」となっていましたが、公式HPではこの寺院は見当たりませんでした。

伊賀へ越してきてから神仏習合の名残りが数多く残っているのに出会いました。

その中でも寺院の荒廃ぶりは想像に難いものがあります。

人口減少で寺院を維持することが出来なくなってきている証拠でしょうか。

檀家が僧の生活を支え切れなくなっている。

本来は自治体でも数万にで市を名乗っておりますが、国からの補助金が無ければ維持できないという事はすでに破たんしているという事ではないでしょうか。

そういう意味では「町」や「村」が自立できっこないのではないかと思います。

残念ながら経営が成り立たなくなった寺院は無人化しているようです。


『南山城村マップ』によると、『このお寺は加茂町にある天台宗常念寺(じょうねんじ)の末寺でしたが、江戸時代の中期に春光寺(しゅんこうじ)とともに真言宗に宗旨替えしたと伝えられています。開基は不明ですが、暦応元年(1338)の墨書がある五部大乗経が伝わっているため、その歴史は中世まで遡ることができます。福常寺(ふくじょうじ)の千体佛は寛文四年(1664)柳生宗矩の子、義仙によって寄進されたものです。』とあります。

一度目にしてみたい素晴らしいものです。