(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年12月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市下京区東塩小路町西洞院通 史跡 新撰組最後の洛中屋敷跡


京都府京都市下京区東塩小路町西洞院通にある「史跡 新撰組(しんせんぐみ)最後(さいご)洛中(らくちゅう)屋敷(やしき)跡」です。

そういえば河原町駅周辺を散策した折にも「新撰組」の史跡の石標を見かけた記憶があるのですが思い出せません。

歴史の仇花扱いと英雄扱いされている両極端の評価があるようですが、それぞれの立場で正反対になるのは仕方がないことでしょう。

私はあまり興味がないのでどちらでもというところです。


当地(とうち)古代(こだい)表記(ひょうき)でいえば、平安京(へいあんきょう)左京(さきょう)八条(はちじょう)二坊(にぼう)十五町(じゅうごちょう)にあたります。

中世(ちゅうせい)には八条院町(はちじょういんちょう)とよばれ、鋳物生産(いものせいさん)多数(たすう)(おこ)われた、いわば工業地帯(こうぎょうちたい)でした。

が、戦国時代(せんごくじだい)には農村化(のうそんか)し、江戸時代(えどじだい)までに葛野郡(かどのぐん)不動堂村(ふどうどうむら)成立(せいりつ)しました。

しかし、豊臣期(とよとみき)構築(こうちく)された、京都全域(きょうとぜんいき)(かこ)城壁(じょうへき)環濠(かんごう)御土井堀(おどいぼり)」の郭内(かくない)位置(いち)していたため、「洛中(らくちゅう)」(都市(とし)(あつかい)いを()けました。

幕末期(ばくまつき)新撰組(しんせんぐみ)がこの地域(ちいき)屋敷(やしき)(いとな)みました。

池田屋事件(いけだやじけん)禁門(きんもん)(へん)などでの活躍(かつやく)や、局長(きょくちょう)近藤(こんどう)(いさみ)政治的(せいじてき)力量(りきりょう)(たか)評価(ひょうか)され、慶応(けいおう)三年(1867)六月、将軍(しょうぐん)徳川(とくがわ)慶喜(よしのぶ)直属(ちょくぞく)軍隊(ぐんたい)となりました。

これにあわせての新屋敷(しんやしき)建設(けんせつ)です。

いわば最盛期(さいせいき)邸宅(ていたく)といえます。

近藤(こんどう)(いさみ)(おい)隊士(やし)だった宮川(みやがわ)信吉(のぶきち)書翰(しょかん)によれば、同年(どうねん)六月十五日に入居(にゅうきょ)しています。

位置(いち)については、同書翰(どうしょかん)に「七条(しちじょう)(どお)(さが)ル」、幹部(かんぶ)永倉(ながくら)新八(しんぱち)手記(しゅき)に「七条(しちじょう)堀川(ほりかわ)(さが)ル」とあり、当地(とうち)付近(ふきん)(いとな)まれたことは確実(かくじつ)です。

が、厳密(げんみつ)場所(ばしょ)や、建物構造(たてものこうぞう)などについては信用(しんようく)()史料(しりょう)(すく)なく、不明(ふめい)です。

価値(かち)(ひく)記録(きろく)による復元(ふくげん)叙述(じょじゅつ)は、極力(きょくりょく)さけなければなりません。

同年(どうねん)十二月の王政復古(おうせいふっこ)政変(せいへん)により、新撰組(しんせんぐみ)はわずか半年(はんとし)(とう)屋敷(やしきう)(はな)れます。

翌年(よくねん)一月の鳥羽伏見戦争(とばふしみせんそう)敗北(はいぼく)ののちは、関東(かんとう)(くだ)り、解体(かいたい)(みち)(あゆ)みます。

(とう)屋敷(やしき)維持(いじ)されず早々(そうそう)消失(しょうしつ)して、(しず)かな農村(のうそん)(もど)ったことでしょう。

が、明治(めいじ)になり、(ちか)くに七条(しちじょう)停車場(ていしゃじょう)(げん)京都駅(きょうとえき))が設置(せっち)され、しばらくして地域(ちいき)一帯(いったい)京都(きょうと)市内(しない)編入(へんにゅう)されます。

当地(とうち)付近(ふきん)は、地域(ちいき)史上(しじょう)はじめて京都(きょうと)屈指(くっし)の「(ひと)(あつ)まる()」となり、(いま)(いた)ります。

歴史(れきし)地理(ちり)学者(がくしゃ) 中村(なかむら)武生(たけお)


京都の人は今でも天皇が御所に戻ってくると信じていると聞いた事があるのですが、関東大震災でも起これば、それも現実になる可能性も否定できないという事でしょうか。