(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年09月18日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

相楽郡笠置町笠置栗栖 太平記元弘の乱 笠置合戦


京都府相楽郡笠置町笠置栗栖のJR笠置駅舎前にある「太平記元弘の乱 笠置合戦」のモニュメントです。

笠置駅前に来たのは三十年ぶりになるでしょうか。

後ろは栗栖天満宮(くりすてんまんぐう)の鳥居です。

今では飯盒炊爨やキャンプで賑わっている木津川の河原でスカウトを連れてキャンプの許可を貰うのに三年ほど役場と消防と駐在に許可を貰っていたのがグラウンドが出来、徐々に人が増えて今では利用しにくいキャンプ場になってしまいました。

多くの人が楽しんでいるのは結果的には良かったのかと思っています。


太平記元弘の乱 笠置合戦

鎌倉幕府を倒そうとする後醍醐天皇と北条幕府軍は元弘元年九月笠置山を舞台に合戦(元弘の乱)がくりひろげられた。

北条幕府軍は七万五千余騎の大軍によって笠置山を四方から包囲して攻撃する作戦をとるがその笠置山は全山が巨岩、怪石で覆われた天然の「要塞」であり攻撃が安易ではない。

静まりかえる城に向かって信仰した幕府軍は笠置山一●●戸仁王門の前まで押し寄せ城を見上げると天皇方の三千余人の鎧武者がぎっしりと待ち構え、その中から三河国の住人足助次郎重範と名乗る武士が登場し強弓で敵将を射殺する。

これを戦のはじめとして激しい戦闘が始まるが夕刻になった頃、今度は般若寺の本性房という大力の律僧が巨岩を投げつける。

そのため、幕府軍は甚大な被害を受ける。

しかし、風雨烈して吹く暗闇の中、幕府軍五十余人の決死隊が笠置山の北側の石壁をのぼり城内に火を放ち、混乱の名kついに笠置の城は落城した。

笠置町』


先日、吉野山で如意輪寺(にょいりんじ)にある後醍醐天皇陵〔塔尾陵〕を訪問した時に説明書きで笠置山が出てきていて行くかなと考えていました。

今日は時間が無くて訪問できません。