(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年06月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都禅寺 龍めぐり


2012年の5月の連休に伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)から東福寺(とうふくじ)を訪問したときに「京都禅寺 龍めぐり」と「伏見名水スタンプラリー」というリーフレットを手にしてなんとか訪問しようと考えていたのですが、「伏見名水スタンプラリー」は終了してしまいました。

訪問先は満足できるのではないかと思うのですが、如何せん、殆ど拝観料が必要です。

私の個人的な感覚から言うと観光施設であれば入場料も理解できるのですが、宗教基盤であるはずの寺院仏閣や神社に拝観料が必要であるのは、宗教行動の否定であるとしか思えません。

神社ではあまり拝観料というのは記憶がありません。庭園に入るのには支払った記憶があります。

奈良県と大阪府の境にある二上山(にじょうざん)(ふたかみさん)雄岳に鎮座する葛木二上神社(かつらぎにじょうじんじゃ)(かつらぎふたかみじんじゃ)と大津皇子(おおつおうじ)墓があるとされている境内地が有料(美化保存協力金200円)になったと聞いてから訪問していません。

いずれにしろ、東福寺(とうふくじ)の法堂の天井にあった龍図の見事さを知ったので、かなりの興味を持ってしまいました。

私自身が訪問するという決意からまとめておきたいと思います。

京都禅寺 龍めぐり
寺院 龍めぐり 所在地・公式HP
鹿苑寺(Rokuon ji)
(金閣寺(Kinkaku ji))
●龍門滝
●雲龍図三幅対掛軸〔久住 探幽 筆〕

京都府京都市北区金閣寺町1
建仁寺(Kennin ji) ●法堂双龍図〔小泉 淳作 筆〕
京都市東山区小松町大和大路通四条下る4-584
禅居庵(Zenkyo an)
建仁寺塔頭(Kennin ji tatyu)
●摩利支天堂天井雲龍図
京都市東山区大和町大路四条下4小松
高台寺(Koudai ji) ●開山堂天井
●臥龍廊・臥龍池
●観音竜虎図掛軸

京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町526
相国寺(Shokoku ji) ●法堂蟠龍図〔狩野 光信 筆〕
京都市上京区今出川通烏丸東入
大徳寺(Daitoku ji) ●法堂雲龍図〔狩野 探幽 筆〕
京都市北区紫野大徳寺町53
龍源院(Ryugen in)
大徳寺塔頭(Daitoku ji tatyu)
●方丈襖絵
京都市北区紫野大徳寺町82-1
大仙院(Daisen in)
大徳寺塔頭(Daitoku ji tatyu)
●龍虎図掛軸〔雪舟 筆〕
京都市北区紫野大徳寺町54-1
瑞峯院(Zuihou in)
大徳寺塔頭(Daitoku ji tatyu)
●龍虎図掛軸〔牧渓 筆〕
京都市北区紫野大徳寺町 81
天龍寺(Tenryu ji) ●雲龍図〔加山 又造 筆〕
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
慈済院(Jisai in)
天龍寺塔頭(Tenryu ji tatyu)
●弁天堂天井
京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町66
鹿王院(Rokuou in) ●舎利殿天蓋龍図
京都市右京区嵯峨北堀町
東福寺(Tofuku ji) ●法堂蒼龍図〔堂本 印象 筆〕
京都市東山区本町15-778
龍吟庵(Ryougin an)
東福寺塔頭(Tofuku ji tatyu)
●龍吟庭〔重森 三玲 作〕
京都市東山区本町15-778
南禅寺(Nanzen ji) ●法堂蟠龍図〔今尾 景年 筆〕
京都市左京区南禅寺福地町
妙心寺(Myoushin ji) ●法堂雲龍図〔狩野 探幽 筆〕
京都市右京区花園妙心寺町64
麟祥院(Ryousyou in)
妙心寺塔頭(Myoushin ji tatyu)
●雲龍図襖絵〔海北 友雪 筆〕
京都府京都市右京区花園妙心寺町49
龍安寺(Ryouan ji) ●雲龍図掛軸〔伝兆 殿司 筆〕
京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
萬福寺(Manpuku ji) ●境内伽藍配置
宇治市五ヶ庄三番割34
閑臥庵(Kanga an) ●本堂天井雲龍図
●龍(阿牛)の瓦、龍の彫刻

京都市北区烏丸通鞍馬口東入ル278

天井の龍図は見事なものばかりです。

特別公開もあるようなので、確認しておいてください。

既に特別公開が終了している寺院もあるようです。