(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2008年04月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市上京区京都御苑 京都御苑 宗像神社


京都御苑(きょうとぎょえん)に桜を見にきたのですが、殆ど見当たりません。それよりもWebに書いてあった宗像神社(むなかたじんじゃ)を捜しました。

宗像神社(むなかたじんじゃ)は、古事記、日本書紀にも記す通り、遠く日本建国にあたり、天孫降臨に先立って、御親神天照大御神より「汝三神の神は、宜しく道の中に降りまして、天孫を助け奉りて、天孫の為に祭かれよ」と御神勅をいただいて、九州の福岡の宗像の地に鎮まる給うたのであります。

京都御所(きょうとごしょ)宗像神社(むなかたじんじゃ)は、延暦14年(平安京創立の翌年 795年)、後の太政大臣藤原冬嗣公が桓武天皇の命によって、皇居鎮護の神として祀られたのがはじめです。」

宗像神社(むなかたじんじゃ)は、御所の中でもさくらの素晴らしいところであるような記述をしているページもありましたが、そんなにありませんでした。数本の桜の木が満開でしたので今回の花見の中ではよいほうでした。


御祭神は、

  • 多紀理比売命(たぎりひめのみこと)
  • 多岐津比売命(たぎつひめのみこと)
  • 市岐嶋比売命(いちきしまひめのみこと)
  • 御三姫の大神を総称して宗像大神と申し上げます。
     例大祭 9月15日

    帝王編年記、三代実録の古文書の中に当社を小一条殿と称され、清和源氏の祖、清和天皇御降誕の地と記されています。枕草子、花山院家記には、花山天皇の御代、内裏を一時当社に移され、花山院殿と称されたことがあると記されています。



    このように、皇室との関係も深く、1200年来皇居守護の神として、御歴代の御尊崇厚く宮中より宮幣、神饌(しんせん)の御供進もあり、公卿公達の参拝も多く賜った御社です。

    宗像大神は、別の御名を道主貴(みちぬしのむち)と申し上げます。これは、全ての道を司り給う大神の尊称です。

    伊勢神宮(いせじんぐう)とともに、日本人として行う道をはじめ交通、文化、産業、の道の安全繁栄の守護神とされておりますことは歴史の上にも明らかなところです。

    一般信仰としては、海の神として親しまれ、海産、生産、出産の他、運送に関係ある祈願があります。』と説明書きがありました。

    桜の木は数本でした。満開の状態ですが、少し木が小さいですね。

    宗像神社(むなかたじんじゃ)は、御所の西南の角の閑院宮(かんいんのみや)邸跡の近くにあります。私たちは厳島神社と九条池と旧九条家遺構の拾翠亭(しゅすいてい)を経てここへたどり着きました。閑院宮(かんいんのみや)には、環境省京都御苑管理事務所と国民公園協会があり、閑院宮(かんいんのみや)は公開されていて中を見ることができました。冬は凄く寒そうです。

    境内も小さな神社なのですが、境内には沢山の社があります。これはどこの神社にもあるようですが、鳥居をくぐったところに「花山稲荷大神(はなやまいなりおおかみ)」の提灯のぶら下がった稲荷社があります。その向かいには、「京都観光神社(きょうとかんこうじんじゃ)」の社があります。本殿前には三つの小さな社が並んでいて、右から「少将井神社(しょうしょういじんじゃ)」「繁栄稲荷社(はんえいなりしゃ)」「琴平神社(ことひらじんじゃ)」三つの社があります。

    次は二条城(にじょうじょう)を訪問してみたいなと思います。さて、タクシーにするか、散策しながら行くか。思案のしどころです。


    関連情報レポートリンク