(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年04月08日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市東山区祇園町北側 八坂神社


四条通の東の突き当たりに位置する京都市東山区祇園町北側に鎮座する八坂神社(やさかじんじゃ)HP〕は私にとって長い間の未知の空間でした。知恩院(ちおんいん)から円山公園(まるやまこうえん)の上部から下って入ることも可能です。

化粧直しした西楼門です。色鮮やかになり大きな交差点の中央に凛として立つ姿は美しいものです。

父の納骨を大谷祖廟(おおたにそびょう)に決めるまでに一度家族で見にきたのですが、その時初めて八坂神社(やさかじんじゃ)を訪問しました。そして名前を聞いたことのある円山公園(まるやまこうえん)へ抜けて大谷祖廟(おおたにそびょう)に訪問したのです。

本殿は立派な建物で特に桧皮拭きの屋根の大きさには感心させられます。これだけの屋根を吹き替えることはもう難しいかもしれませんね。桧皮が手に入らないそうで、唐招提寺(とうしょうだいじ)でも小さな屋根でも銅拭きになっていました。必要なだけの桧皮が手に入らないと室生寺(むろうじ)の五重塔に台風で木が倒れて屋根の修理をするのに苦労したという話を聞いたことがあります。

能舞台では奉納の能をしていました。私は能だと思うのですが、間違いないでしょう。円山公園(まるやまこうえん)へ桜の花見に出かける人でごった返しているところに能にも人だかりができていました。

南楼門を抜けて石の大鳥居までにかなりの桜の木が満開の状態でした。私の目的の枝垂れ桜もありました。

能舞台の横に南楼門があります。こちらは化粧直しはしていないようですが、高さはあるようですね。隣の知恩院(ちおんいん)とちがって派手な色で塗られています。

韓国、慶州の仏国寺はかなり様々な色で塗られていましたので、本来の寺社はもっと賑々しく彩られているのではないかと思います。

南楼門を抜けてくると石の大鳥居に出くわします。この鳥居はかなり大きい方ですね。橿原神宮(かしはらじんぐう)の木の鳥居もかなりのサイズでしたが、石では大きい方ではないでしょうか。

写真を撮っている右側が大谷祖廟(おおたにそびょう)参道の最下部になります。車止めをしてあるので、人ごみを避けて大谷祖廟(おおたにそびょう)や「ねねの道」まで上がり高台寺(こうだいじ)清水寺(きよみずでら)に向かいたいのであれば参道の利用を薦めます。

この赤い鳥居は円山公園(まるやまこうえん)の南側から八坂神社(やさかじんじゃ)へ通じる道にかかっています。この写真を撮影している位置の右側には桜の木が一面に広がりとても綺麗でした。始めてきた円山公園(まるやまこうえん)は正月3日でしたので殺風景で何故有名なのかも解りませんでした。納骨は夏に来たので暑いだけで正月と同様でした。