(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年04月05日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

京都市東山区下河原町 高台寺


4月3日に京都に花見に訪れて少しだけがっかりして、今日5日は、大谷祖廟(おおたにそびょう)に父のお詣りのついでに、知恩院(ちおんいん)円山公園(まるやまこうえん)八坂神社(やさかじんじゃ)と、高台寺(こうだいじ)と東山を訪問しました。土曜日でもあり、先日は、阪急線の特急が平日にも関わらず混んでいたので、今日は始発の梅田からにしたのですが、特急は超満員で準急で1時間かけてゆっくりと京都河原町まで辿り着きました。京都の桜の見どころでもお薦めでした。

円山公園(まるやまこうえん)の東の端、大谷祖廟(おおたにそびょう)の辺りから清水寺(きよみずでら)まで「ねねの道」と名づけて観光コースになっていますが、とんでもない人手に驚かされてしまいました。清水寺(きよみずでら)の中間くらいに高台寺(こうだいじ)があるのですが、人の多いことに驚かされます。ねねの道からの石段は人で埋まっていました。

高台寺(こうだいじ)」は説明の立て札書きによると、「鷲峰山(わしぶざん)と号する臨済宗建仁寺派の寺で、正しくは「高台寿聖禅寺」といい、「蒔絵の寺」として広く知られている。豊臣秀吉の妻・北政所(ねね、高台院)が、秀吉の菩提を弔うため、徳川家康の援助を受けて慶長11年(1606年)に創建した。

創建当時、寺院は壮観を極めたが、度重なる火災に逢い、現在は、開山堂、霊屋、表門、観月台、茶室の傘亭と時雨亭が当時のまま残っており、いずれも重要文化財に指定されている。北政所の墓所である霊屋には、秀吉夫妻の木像が安置され、須弥壇及び厨子に施された高台寺(こうだいじ)蒔絵として名高い筆麗な蒔絵装飾は、室町時代の漆工芸技術の粋が尽くされている。

開山堂の臥龍池と西の偃月池を中心とする池泉回道式の庭園は、小堀遠州の作と伝えられ、国の史跡・名勝に指定されている。

寺宝として、高台院像(重要文化財)、豊臣秀吉像をはじめ、蒔絵の調度品や絵画、その他の美術工芸品など、数多くの文化財を蔵し、その一部はねねの道をはさんだ「高台寺(こうだいじ)掌美術館」で公開されている。

開山堂からタイミングよく舞妓さんが降りてきました。なかなか見られない光景だと思いますが、桜の季節で外人さんも着物を着ていましたから、接待でもしているのでしょうか。今日は、祇園でも舞妓体験中なんていうことで、写真のモデルもしていましたし、桜を背景に舞妓さんが写真を取っていましたので京都へ来たかいもあるというものです。

さて、大枚払って見た枝垂れ桜は満開ということで、日本立ちの大桜でした。鴨川沿いにも枝垂れ桜がありましたが、ソメイヨシノと違って、枝垂れ桜は、樹高が無いとあまり見た目がパットしないようですね。高さが低くても悪くは無いのですが、樹高があると枝垂れ桜の花が際立つような気がします。先日の平野神社(ひらのじんじゃ)には少しありましたが、大阪の大川大阪城の周囲西の丸庭園には、枝垂れ桜がありませんので京都へ来た目的は達成できました。