(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年12月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市水口町本丸水口城内 水口城跡〔碧水城〕


滋賀県甲賀市水口町本丸水口城内にある「水口城(みなくちじょう)跡〔碧水城(へきすいじょう)〕」です。

何と無くですが、「水口城(みなくちじょう)跡」は何度も水口を通過しているのに訪問していないなと思っていたのですが、良く考えないままに行こうということで訪問しました。

あまり考えないままに昼食をどうしようかと考えていると前を通りかかってしまいました。

折角だから訪問したのですが、本丸部分はグラウンドになっていて野球をしていました。

出丸部分の「水口城資料館」を訪問しようと橋を渡ったのですが、あちらこちらの部分で朽ち始めている様で少しばかり不安なまま橋を渡ることになりました。


『滋賀県指定史跡

水口城(みなくちじょう)跡〔別名:碧水城(へきすいじょう)

水口は都から伊勢へ通じる交通の要所にあり、中世後期にはすでに街並が形成されていましたが、天正十三年(1585)には羽柴秀吉の命により水口岡山城が築かれ、その城下町として発展を見せました。

関ヶ原合戦後、この地を直轄地とした徳川家康は水口を東海道の宿駅に指定しました。

これが水口城です。

作事奉行には建築や造園・茶道などで知られる小堀遠江守政一(遠州)があたりました。

城は堀と石垣を巡らした本丸と北側の二の丸からなり、本丸内部には御殿が建てられました。

その建物構成は京都二条城に共通し、数奇をこらしたものでした。

その後、幕府の任命した城番が管理する番城となりましたが、天和二年(1682)には加藤明友が入封し水口藩が成立、水口城はその居城となり明治維新に至りました。

維新後は廃城となり、建物や石垣の大半は撤去されましたが、本丸敷地のみ保存され、昭和四十七年(1972)滋賀県の史跡に指定されました。

平成三年(1991)出丸の部分に矢倉が復元され、「水口城資料館」として開館いたしました。

甲賀市教育委員会』

※ 境内掲示より


「水口城資料館」の二階の窓から見える山の上に「水口岡山城」があり、見に行きませんかと言われたのですが、またの機会に訪問することにしました。

城郭ブームで木造での復元や再現を目指す向きもあるのですが、殆どの場合意味のない結果になると思います。

端に使っている材木は相当なものですが、少しばかり不安な渡り心地でした。


関連情報レポートリンク

【城跡・城址】