(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年01月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市甲南町野川 真言宗泉涌寺派 鶏足山 慈照院 伊勢廻寺


滋賀県甲賀市甲南町野川にある「真言宗泉涌寺派 鶏足山 慈照院 伊勢廻寺(いせばじ)」です。

孫が守山にいた時には数えきれないくらい訪問するために通りかかっていたので、また今度訪問参拝すれば良いかと考えていたので、宇治へ越したためにこの周辺に来ることは殆どありませんでした。

水口周辺を散策しようとやって来てようやく訪問したのですが、直ぐ近くに阿弥陀寺があることを見落としていました。

甲賀市へ向かう時にはこの周辺を通りますので、次の機会に再訪問します。


伊勢廻寺(いせばじ)

国指定重要文化財

木造十一面観音(じゅういちめんかんのん)及び両脇侍立像

鶏足山(けいそくさん)慈照院伊勢廻寺(いせばじ)は真言宗泉涌寺(せんにゅうじ)派の寺院で、もとは補陀落山(ふだらくさん)観音寺(かんのんじ)と称したと伝える。

中央に十一面観音(じゅういちめんかんのん)像を安置し、向かって左に毘沙門天(びしゃもんてん)、右に不動明王(ふどうみょうおう)を配しており、この三尊は一括して重要文化財に指定されている。

本尊十一面観音(じゅういちめんかんのん)は、像高 147.5cm 、目を張眼とする素木造の像で、右手には錫杖(しゃくじょう)をもつ。

地髪の毛筋の彫り込みや髪型、条帛(じょうはく)や二段に折り返した()、腰布のひるがえりなどに、形式化された装飾性へ移行する過渡期の作風がみられ、南北朝の作とされる。

毘沙門天(びしゃもんてん)は、頭部が平安末期、体部は鎌倉とされ、像高 185cm 、不動明王(ふどうみょうおう)は鎌倉期の作で、像高 163.5cm 、共に彩色像である。

平成十一年三月

甲賀市教育員会』

※ 境内掲示より



『重要文化財

木造十一面観音(じゅういちめんかんのん)及両脇侍立像

鶏足山(けいそくさん)慈照院伊勢廻寺(いせばじ)は真言宗泉涌寺(せんにゅうじ)派の寺院で、もとは補陀落山(ふだらくさん)観音寺(かんのんじ)と称したと伝える。

もとは補陀落山(ふだらくさん)観音寺(かんのんじ)と称したと伝える。

現在、収蔵庫中央に十一面観音(じゅういちめんかんのん)像を安置し、向かって左に毘沙門天(びしゃもんてん)、右に不動明王(ふどうみょうおう)を配しており、この三尊は一括して重要文化財に指定されている。

本尊は南北朝時代の作で顔つきや着衣には独特なものがある。

玉眼の全盛期には珍しく彫眼であり、総高像高 147.5cm の寄木造の像である。

毘沙門天(びしゃもんてん)は、頭部が平安末期、体部は鎌倉、足元の邪鬼や手は江戸時代の作とされる。

不動明王(ふどうみょうおう)は鎌倉時代の作である。

昭和五十九年三月

甲南町教育委員会』

※ 境内掲示より


訪問した甲斐がありました。

境内には「神明明神社(しんみょうみょうじんしゃ)」が鎮座しています。

更に東海自然歩道が境内を通過しています。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【湖国十一面観音霊場めぐり一覧】


関連情報レポートリンク

【湖国十一面観音霊場一覧】