滋賀県甲賀市信楽町多羅尾 岩洞山不動尊,"> 甲賀市信楽町多羅尾 岩洞山不動尊

(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年06月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市信楽町多羅尾 岩洞山不動尊


滋賀県甲賀市信楽町多羅尾にある「岩洞山不動尊(いわほらやまふどうそん)」です。

読みは確認できませんでしたので正確ではありません。

大きな岩があり磐座(いわくら)でもあるようですが、まさか祠(堂)がふたつもあるとは思いもよりませんでいた。

更に参道から奥の神祠の背面の大岩には廻り込むと磨崖仏(まがいぶつ)がありました。

廻り込まないと確認できないので見落とすところでした。

参道もいつになれば到着するのか不安で仕方がありませんでした。


岩洞山不動尊(いわほらやまふどうそん)

岩洞山不動尊(いわほらやまふどうそん)の石像は、ここから山へ向って 500m 程入った所にあり、信楽町大字多羅尾字古屋ケ谷の奥の山の上に位置しており、弘法大師が作られた石像である。

弘法大師は、中国より帰られ、真言宗の聖地を開こうと多羅尾の地に来られ、土地を調べられたが、今少し意に合わず断念され、自ら据えられたと言い伝えられている。』

※ 境内掲示より


小祠(堂)の裏は大岩が張り出していて、その下にさらに小さな祠ががありその中に弘法大師さと言われる石像が安置されているようです。

周辺は城跡があるようですが、私には良く解りませんし、天守閣のあるような城ではありませんし土塁が主で石垣も無い事の方が多くて、知識がないと判別が難しい史跡です。