(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年08月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市信楽町多羅尾 高宮神社


滋賀県甲賀市信楽町多羅尾にある「高宮神社(たかみやじんじゃ)」です。

多羅尾を通りかかる度にアクセス経路を探していました

案内図では史跡 仕置場(処刑場)跡から先へ進むことになっていたのですが、道にチェーンが張られていて進んでよいかどうか解りませんでした。

前回通りかかった時に真新しい石標に「高宮神社(たかみやじんじゃ)」と彫られているのに気付いて次回訪問時にと思っていました。

今回の参拝では、この神社の壮大さに驚かされてしまいました。


高宮神社(たかみやじんじゃ)沿革

安政六年(1859)十二月近江蒲生郡八幡町名工高木作右衛門の建築。

造形の規範としては優れた彫刻と色彩豊かな外観であり、屋根の檜皮葺(ひわだぶ)きに特徴がある。

本殿

平成十五年三月十八日「国有形文化財」に登録される。

由緒

当社の起源は、垂仁天皇の御代に天照大神(あまてらすおおみかみ)の鎮座の地を求めて、皇女蟻倭姫命(やまとひめのみこと)が各地を巡行中に、伊賀の国敢都恵宮(あえくにえのみや)より垂仁四年淡海国甲可(おうみくにこうか)日雲宮(ひくものみや)に四年間皇大神(すめらおおかみ)を奉祀されたと「日本書紀」「倭姫命(やまとひめのみこと)世紀孝第一巻」「天平永国記」と言う伝承等に記載されている。

この伝記を、天正十三年(1585)に中出治右衛門博霞及び中出雪舟と言う人が書き写した「高宮神社(たかみやじんじゃ)古文書」によると、垂仁四年六月倭姫命(やまとひめのみこと)がこられた時、里人がお迎えしたことの委細が記録されている。

倭姫命(やまとひめのみこと)が近江国坂田宮(さかたのみや)に移られてから後、日雲岳の麓に社を建て皇大神(すめらおおかみ)を奉祀し、神明宮(しんめいぐう)または高宮権現(たかみやごんげん)と称した。

社名については、仁平年間( 1151 - 1153 )に近衛家が一時期将軍地蔵尊(しょうぐんじぞうそん)を合祀、愛宕大権現(あたごだいごんげん)と称して氏神としていたが、合祀は恐れ多いと将軍地蔵尊(しょうぐんじぞうそん)小川天満宮(おがわてんまんぐう)に移して古名に復した。

明治に入り火産霊神(ほむすびのかみ)をお祀りして高宮神社(たかみやじんじゃ)と改める。』

※ 境内掲示より


今では車で通行できるようになっているのがバイパス道路で、この神社を経由して通っている道が元々の街道筋であると推定できます。

この場所にこんなに凄い境内地を備えた神社が鎮座していることに驚くのですが、高くそびえる巨樹の参道などは本当に素晴らしいものです。

まさに神が鎮座するに相応しいという境内でしょう。

多羅尾は信楽に抜けるのに時々通りますのでまた参拝します。

氏子さんは何処に住んでいるのかと考え込むほど集落から離れています。


関連情報レポートリンク

【滋賀県甲賀市 神社一覧】