(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年07月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

守山市欲賀町 欲賀神社


滋賀県守山市欲賀町にある「欲賀神社(よくがじんじゃ)」です。

地理不案内のまま、方向を見誤ったまま守山市内を迷走している途中にこの神社の鳥居を発見して参拝に来ました。

地名を読むことも出来ず、土地勘もないので家に帰ってから何処へ行ったのかを調べるのも大変でした。

散策するうちに土地勘はできてくると思います。


欲賀神社(よくがじんじゃ)由緒記

御祭神

  主神 素戔嗚命(すさのおのみこと)

  側宮 櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

  二宮

当社は仁治二年(1242)の御創建にして牛頭神社(ごずじんじゃ)と移りかわり奉称されしが、明治九年11月二十日、その筋よりの達しにより、社名が仏後に類似せる故をもって以来、欲賀神社(よくがじんじゃ)と解消さる。

御創祀の当時は本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)神仏習合(しんぶつしゅうごう)思想、即ち仏陀が日本の神となって、その姿を現わして人を救うとの考えにて、それ故に御神像は僧形の特色のある御姿なり。

御本殿は正徳年中(1711)の御創建を記録さる。

境内地 六百二十二坪

新年祭 一月三日

無事新年を迎えし事を感謝し東燃安全の祈念を捧げる

豊栄祭 二月十一日

家内安全と豊かなる五穀に恵まれることを祈念して、昔は猿楽を奉納せしと伝承す

例祭 五月五日

無事新年を迎えし事を感謝し東燃安全の祈念を捧げる明治三十五年迄は四月の初午に執り行われしと記録さる

田植祭 五月末日

稲の無事●●告し豊かな●●

草木祭 十月九日

五穀の豊穣を●●草木に感謝を捧げる

昭和五十八年癸亥

小津神社(おづじんじゃ)宮司 山岡 茂』

境内掲示より



史跡 斎之神社(いつきのじんじゃ)古殿跡

御祭神は万延元年(1860)大洪水により、上流から流れ着かれしを奥出の地に北の守り神として祀ったのが創始で、その後明治四十二年その筋の達示により欲賀神社(よくがじんじゃ)境内に併祀されたが、奥出地区の氏子の懇願により、昭和六年許可を得て再度奥出の地に遷座されたと伝承す。

平成七年三月斎之神社(いつきのじんじゃ)古殿の跡を聖地としてこの碑を建立に及ぶ。』

※ 境内掲示より


碑文を読んでみても土地勘がないので何処の事かわかりません。

順番に全ての神社を参拝すればいつの日にか出会うことになるのでしょうか。

楽しみです。


関連情報レポートリンク

【守山市 神社一覧】