(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年10月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市水口町貴生川 佐土神社


滋賀県甲賀市水口町貴生川に鎮座する「佐土神社(さどじんじゃ)」です。

近江鉄道本線の東側沿いには比較的交通量のある道路があり水口町北内貴には川田神社(かわたじんじゃ)が鎮座していました。

さて線路の西側にどのようにして回り込むかと思案していたのですが、まさか三雲方面から辿り着くとは思いもよりませんでした。

由緒書きがあるので参拝して満足感でいっぱいです。


佐土神社(さどじんじゃ)

 大字内貴小字橋立鎮座

祭神

 学問の神 菅原道真公(すがわらみちざねこう) 神代七代中の第二代目の国土主宰神である国狭槌尊(くにさつちのみこと)の二神を祀る

社殿

 流造り桧皮葺 桁行 27メートル 梁行 33メートル

由緒

当社は旧東内貴尾山の地に鎮座の天満天神宮(てんまてんじんぐう)との伝えであるが創建その他詳らかでない延喜元年以降美濃部郷に道真公第四子淳茂卿父子が共に寄留されていたことから自ら縁り深い近郷として宇川、東内貴、北内貴に夫々公の遺徳を偲んで祀った社が存在し今も現存していることは故ある事である。

さて尾山天神宮は、その御旧西内貴橋立の地に竹林を拓き社をこの地に遷したのである。

世に藪天神(やぶてんじん)とも称されていた。

然るに天明六年正月隅々火災により、社殿拝所諸記録に至るまで鳥有に帰したのである。

是を以って村民これを憂い再びその地に社殿を建て国狭槌尊(くにさつちのみこと)を勧請合祀した、明治三年社名が今の佐土神社(さどじんじゃ)と改められ明治九年村社に列せられた。

例祭

 例祭 四月二十五日 御田祭 二月二十五日

境内社

 三社

境内掲示より


私の水口という地名からの想像は伊賀と同様に山の中だと思っていたのですが、比較的緩やかな勾配の盆地であることに今更乍ら驚いています。

山を切り拓いたグリーンロードの印象が強すぎたのでしょうか。

まだまだ未訪問の史跡や寺社仏閣がありますので楽しみです。


関連情報レポートリンク

【滋賀県甲賀市 神社一覧】