(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年01月05日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

湖南市吉永 浄土宗 吉祥山 西往寺


滋賀県湖南市吉永に鎮座する「浄土宗 吉祥山 西往寺(さいじゅうじ)」です。

東海道沿いに栗東方面から水口方面に進んで来たのですが、「西往寺(さいじゅうじ)・三雲城址・八畳岩」の道しるべを見て南方向へ進んで来ました。

直ぐにこの寺院前に来たのですが、不思議なのは寺社仏閣が東海道に面していない事です。

殆どが少し離れた場所に鎮座していたりします。


『町指定文化財

石造一石六体地蔵菩薩

西往寺(さいじゅうじ)

平成四年一月一日指定

西往寺(さいじゅうじ)(浄土宗)は、吉祥山と号し、安土浄厳院(じょうごんいん)の末寺であった。

貞享二年(1685)8月十九日に吉祥坊が中興し、明治以降知恩院(ちおんいん)に属す。

石塔・石仏の造立が目立ってくるのは、鎌倉・室町期であるが、この頃より従来使用されて来た凝灰岩が後退し、花崗岩や安山岩などの硬い石材が用いられるようになった。

鎌倉時代は、庶民信仰の中に「六道思想」が定着してくる頃で、このことから地蔵尊像が盛んに造られた。

一石六体地蔵尊は、このような初期の要求にこたえて造られたレリーフであろう。

この地蔵尊は、素朴な中にたいへん気品ががあり、身光に相当する上部の空間とカーブのバランスが大変美しい。

尊像は、縦73cm、横1.48cm、幅18cmの自然石に、高さ48cmに統一されて彫られている。

平成五年三月

甲西町教育委員会』

境内掲示より


南の山麓に大きな岩が見えていることに気が付いていたのですが、それが「八畳岩」であったことは辿り着いて解りました。

直ぐ裏を流れる川は典型的な天井川となっています。

いつの時代からこういう地形になったのでしょうか。

江戸時代にはこうなっていたのか不思議です。

一般的に六地蔵などと云われるているのですが、ほとんどの墓地には何らかの形でありますが意味が解っているのでしょうか。。


関連情報レポートリンク〔毎月25日(要事前申込)〕

    甲賀組第一部法然上人二十五霊場

  • 【第 1番札所】滋賀県甲賀市水口町下山 九品寺

  • 【第 2番札所】滋賀県甲賀市水口町泉 浄品寺

  • 【第 3番札所】滋賀県湖南市岩根 正栄寺

  • 【第 4番札所】滋賀県湖南市岩根 常永寺

  • 【第 5番札所】滋賀県湖南市朝国 西徳院

  • 【第 6番札所】滋賀県湖南市三雲 永照院

  • 【第 7番札所】滋賀県湖南市三雲 常照寺

  • 【第 8番札所】滋賀県甲賀市水口町伴中山 東光寺

  • 【第 9番札所】滋賀県甲賀市水口町八田 西栄寺

  • 【第10番札所】滋賀県甲賀市水口町春日 渓蓮寺

  • 【第11番札所】滋賀県甲賀市水口町山 西養寺

  • 【第12番札所】滋賀県甲賀市水口町山 慈幸寺

  • 【第13番札所】滋賀県甲賀市水口町山 善勝寺

  • 【第14番札所】滋賀県湖南市夏見 了安寺

  • 【第15番札所】滋賀県湖南市菩提寺 阿彌陀院

  • 【第16番札所】滋賀県湖南市石部西 真明寺

  • 【第17番札所】滋賀県湖南市石部中央 善隆寺

  • 【第18番札所】滋賀県湖南市岩根 正法寺

  • 【第19番札所】滋賀県湖南市柑子袋 養林寺

  • 【第20番札所】滋賀県湖南市夏見 盛福寺

  • 【第21番札所】滋賀県湖南市吉永 西往寺

  • 【第22番札所】滋賀県湖南市正福寺 正福寺

  • 【第23番札所】滋賀県甲賀市水口町北脇 浄福寺

  • 【第24番札所】滋賀県甲賀市水口町植 西蓮寺

  • 【第25番札所】滋賀県甲賀市水口町宇田 唯称寺