(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年10月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市甲南町野田 大澤八幡社


滋賀県甲賀市甲南町野田に鎮座する「大澤八幡社(おおさわはちまんしゃ)」です。

この周辺に土地勘が無かったのですが、数回訪問しているうちに少しばかり土地勘がついてきたようです。

しかし、この神社は最初に通りかかった時に、以前に来たかなと思ってしまいました。

似たような風景に遭った様な記憶があるのですが、少しばかり戸惑っています。


大澤八幡社(おおさわはちまんしゃ)のはなし

言い伝えによると、昔々このあたりは、芦や葦がおおい茂る荒れ果てた沼地でしたが、この地を治めて領主が、寛平四年(892)五月に石清水天満宮(京都・八幡市)の分霊誉田別尊(ほんだわけのみこと)素戔嗚尊(すさのおのみこと)大物主尊(おおものぬしのみこと)の三柱をお祭りして、田畑を耕し米や野菜を作ることができるようになりました。

またその後、野田のあちらこちらに祭られていた稲荷神社(いなりじんじゃ)天満宮(てんまんぐう)愛宕神社(あたごじんじゃ)金毘羅神社(こんぴらじんじゃ)津島神社(つしまじんじゃ)をお宮さんの境内に集めました。

【甲賀郡史、法務局登記簿より】

本殿「室町時代」の建物

大澤八幡社(おおさわはちまんしゃ)の本殿は、室町時代の1560年頃に、「流造(ながれづくり)檜皮葺(ひわだぶき)」により建造されたものです。

滋賀県の朝さ報告を受けた瀧池村村長からの通知には、新宮神社(しんぐうじんじゃ)楼門(ろうもん)(国指定重要文化財・室町時代)と同ランクの「甲類」に位置付けられ、「社寺又郷土資料トシテハ相当貴重ナリキモノト相認」と記述されています。

文化財の指定は受けていませんが、大変貴重なものです。

町田の宝物として、いつまでも大切に守りましょう。

【滋賀県の調査報告を受けた瀧池村村長の通知(大正十二年九月三日付、社寺第二九号より)】』

※ 境内掲示より

説明書きの「新宮神社(しんぐうじんじゃ)楼門(ろうもん)」が、どこの神社を言っているのか解りません。

せめて鎮座地の情報でもあれば解るのですが、甲賀市内にはあと二社の新宮神社(しんぐうじんじゃ)がありますが、そちらには楼門(ろうもん)は無かったと思います。

周辺の廻った神社仏閣や史跡を総てレポートできていないので、判明するためにはもう少し時間が必要です。

土地勘が出来たおかげで車の調子が悪くなった時に坂の少ない道筋で戻ることが出来るようなになりました。


関連情報レポートリンク

【滋賀県甲賀市 神社一覧】