(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年12月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市水口町三大寺 天台宗 金奇山 飯道寺


滋賀県甲賀市水口町三大寺に鎮座する「天台宗 金奇山 飯道寺(はんどうじ)」です。

隣接して鎮座する日吉神社(ひよしじんじゃ)から、何やら樹木を手入れする方が見えて、寺院のような建物に気がついて参拝することになりました。

本堂には『國宝 弥陀八幡大菩薩[木造阿弥陀如来坐像(平安時代)]』の額と『木造十一面観音立像(平安時代)・地蔵菩薩像(鎌倉時代)』という文字が額に書かれています。

如何やら往古には「本覚寺(ほんかくじ)」という名称であったようです。


飯道山(はんどうさん)飯道寺(はんどうじ)

水口町と信楽町にまたがる飯道寺(はんどうじ)は、古来山岳信仰の場として知られ「金奇山(このきさん)」「餉令山(かれいさん)」とも呼ばれた。

山上には今は飯道神社(はんどうじんじゃ)があるのみであるが、明治維新の神仏分離で破却されるまでは、飯道寺(はんどうじ)の多くの堂宇があった。

当時は山上の飯道寺(はんどうじ)が維新後廃寺になったのを惜しみ、明治二十五年に寺号を継承したもので、飯道山(はんどうさん)修験道ゆかりの「笈渡(おいわた)し」の行事が伝えられる。

水口町教育委員』

境内掲示より


そう言えば以前に飯道神社(はんどうじんじゃ)一の鳥居から甲賀市信楽町宮町に鎮座する白鬚明神(しらひげみょうじん)が登山口にありました。

こちらは山の反対斜面になるので別に道があるという事でしょうか。

三大寺の地名は、『廃寺になった山頂にあった「飯道寺(はんどうじ)」と中腹の「道徳寺(どうとくじ)」、山麓の「薬王院(やくおういん)」という三大巨刹が村に存在していたことからこう呼ばれるようになった。 』ということです。

一度登ってみる価値はありそうです。