(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年11月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

近江八幡市古川町 天王の樋跡記念碑と樋門地蔵尊


滋賀県近江八幡市古川町に鎮座する「天王の樋跡記念碑」と「樋門地蔵尊」です。

日野川の堤防に登る堤防際にあります。

碑文を読むと生活用水や農業用水の確保は叡智と人力で何とかなったように思いますが、水害のコントロールはまだまだ出来ていません。

人智を超えたものがあるということでしょうが、驕りは禁物であると思います。


天王の樋跡記念碑

碑文

古代この地を迩保庄と称し、江頭が有する室町時代条理図、坪名井ノ口の地で日野川を仁保川と呼ぶ、飲料水、田用水共にこの川を唯一の頼りとした天地の恵みに感謝の日暮らしを送る。

旱魃の年、上流村々の取水多く、迩保庄は干上がる。

田畑は枯れ飲む水なく庄民が多く餓死、片や洪水には村人一丸で堤防を護り犠牲者も出す。

天王の樋は命の水

この水を命を賭けて祖先が護ってきた

子孫へ遺す文献は江頭文書に保管しあり

平成の今日、国営日野川農業水利事業、蔵王ダムが共に完工

由緒ある天王の樋は新時代の流れと共に消え去る

この、地下樋門は水に熱い想ひを賭けた祖先の魂がある

我々子孫は先人、祖先が郷土を愛し、護り続けた遺徳を末永く顕彰し後世の子孫に伝えんがため

この記念碑を建立する

平成六甲戌年十一月吉日 井狩鐘一 記』

境内掲示より


歴史とは為政者だけが積み上げるものではないという証拠であると思います。