(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年10月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市甲南町下馬杉 島神社


滋賀県甲賀市甲南町下馬杉に鎮座する「島神社(しまじんじゃ)」です。

以前に甲賀市甲南町野川に鎮座する日吉神社(ひよしじんじゃ)を参拝した時に、地図では道の向こうの森の中にも神社が有るので懸命に探し回ったのですが気配も感じることが出来ず、田んぼと森の境にはずーと獣除けのネット柵が張られていて辿り着けそうにもありませんので断念していました。

今回は油日神社(甲賀市甲南町上馬杉)から下馬杉の集落へ近づいた時に参道に気が付き辿り着きました。


島神社(しまじんじゃ)

近江の国甲賀郡馬杉庄下馬杉の峰に鎮座、社号を嶋大明神(しまだいみょうじん)と尊し

祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)と奉斎

当社は創建の年記不詳なれども社伝に依り

伺い奉るに貞元年間中(967 - 978)に橘朝臣敏保、安芸国厳島神社(いつくしまじんじゃ)御分霊を御勧請後延徳弐年(1490)四月初亥日領主馬杉丹後守により、現今の社地に之を再建せしめ、当郷の産土神と尊称し奉りしものにして安永八年(1779)正月災害により破損甚だしく同年六月改築し現今の社殿即ち之なり

また、神像は極めて古作優秀のものにして、鎮在以来常に崇敬者多く境内高所に位置して村内に冠たり

明治維新の際、社名を改め島神社と称す

明治九年十月村社に制定される

昭和二十参年信仰の自由により社格等はなし

現在に至る

祭神

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

境内社

伊勢皇大神宮(いせこうたいじんぐう)

浅間神社(あさまじんじゃ)

熊野神社(くまのじんじゃ)

白髭神社(しらひげじんじゃ)

琴比羅神社宮(ことひらじんじゃ)

本殿

一間社流造』

境内掲示より


延々とハイキングコースのような参道の最後には荘厳な雰囲気を備えた境内です。

辿り着いて以前に探し回った理由が理解できました。

直線距離では近いのですが、かなりの回り道をしないとここにはやってこれそうにありません。

まさに神の鎮座するにふさわしい地という場所であることは間違いなさそうです。

しかし、集落からの距離はかなりありますので、参詣することが健康維持につながることは間違いなさそうです。


関連情報レポートリンク

【滋賀県甲賀市 神社一覧】