(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年10月10日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市水口町北脇 柏木神社


滋賀県甲賀市水口町北脇に鎮座する「柏木神社(かしわぎじんじゃ)」です。

数百メートル離れて一の鳥居があり、境内の鳥居前には小さな綺麗な水の流れている小川があり太鼓橋が掛かっています。

立派な門や回廊状の建築物もあり、かなり立派な構えの神社です。

それにしても境内地はかなりの広さがありそうなのですが境界線が良く解りません。


柏木神社(かしわぎじんじゃ)

祭神

大己貴命(大国主命)

配祭神

誉田別尊(応神天皇)・川島皇子

祭典日

例祭 四月二十日

八幡祭 九月十四、十五日

本殿

木造・檜皮葺・流れ造り・三間社

由緒

当神社の創建は、白鳳元年(673)に、日吉宮と称して大己貴命(大国主命)をお祀していた。

建久年間(1190)源頼朝が、鎌倉の鶴が岡八幡宮の御分霊を合祀して多くの新田を寄付した。

以後社名を「若宮八幡宮」と称し、柏木荘十六か村の鎮守のお社として栄えた。

天正八年(1580)織田信長の軍勢が当地を攻めた時、楼門は安土の宗玄寺に移築され、宝物・古文書は焼失した。

寛永九年(1632)水口城が築城された際に、城主が当社を守護神として崇め、以後、歴代城主の祈願所になった。

承応四年(1655)水口城代の山口但馬守は本殿・楼門を修復し、石灯籠・手水鉢を寄進した。

明治四年、社名を柏木神社と改めた。

昭和二十年、県社に昇格する。

病気平穏、厄徐、交通安全などの祈願が多い。

平成六年三月吉日

水口町 』

境内掲示より


もう一枚板に墨書きされた由緒書きのような物が存在するのですが、残念ながら墨が薄くなり読み取りにくくなっていて、判別できない文字が多すぎるので紹介できません。

折角の歴史の記録なのですからきちんと読めると嬉しいのですが非常に残念です。

しかし、甲賀市の神社はかなり古い時代から人が住み着いていた情報が少なくありません。

これこそ住みやすかったという証明であるという事でしょう。

タイムマシンが有れば行ってみたいですね。


関連情報レポートリンク

【滋賀県甲賀市 神社一覧】